溝入敬三コントラバス劇場

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ショスタコーヴィッチ

2018.06.29FM溝入敬三の音楽定食は『ショスタコーヴィッチ』特集です。ゲストはコントラバス奏者の原田一平さん。ご自分の演奏会の宣伝も兼ねてご出演です。

 ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(Дмитрий Дмитриевич Шостакович1906 - 1975)というしつこい感じの響きが本名らしいです。知らなかった。この人の曲はド派手なのが有名なので今日は緩めの選曲から始めます。
 1曲目は交響曲第9番から第1楽章。第二次世界大戦の勝利を祝って作曲だそうですが、ベートーベンの第9のごとき大作を期待した政府は肩透かし。確かに戦争に勝ったというよりは、運動会でよくやりましたみたいに聞こえますね。こりゃあ怒るわ。
 1945年11月3日初演は、エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団。

 2曲目「ジャズ組曲第1番」よりワルツ。
 3曲目「二人でお茶を」

 そして実はこの方の演奏を皆様にお聞かせしたかったのです。ナターリヤ・グリゴーリエヴナ・グートマン(Natalia Grigorievna Gutman、1942年11月14日 カザン - )はソ連出身のチェリスト。夫はヴァイオリニストの故オレグ・カガン。
 4曲目、ショスタコーヴィッチ「 チェロ協奏曲第1番」より第1楽章。しびれます!!!

 アンコール的に最後は、先週オスカー・ピーターソントリオでお聞きいただいたナイト・トレインを本日はベンチャーズ でどうぞ。

 レディオBINGO FM77.7MHz 毎週金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』。インターネットでは、レディオBINGOホームページ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html
から「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。但しリアルタイムのみですが。アシスタントは、大戸綾加さん。
 番組へのメールもお待ちしております。もちろんここのFBタイムラインにもご感想お送り下さい。
c0138893_17140221.jpg
c0138893_17140221.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2018-06-27 17:14 | NEWZ

ちょいレアなコントラバス

 お待たせいたしました。2018.06.22FM「溝入敬三の音楽定食」は、ゲストにコントラバス奏者の原田一平さんがいらしているので『ちょいレアなコントラバス』をお聞かせします。

 1曲めは、ヴァンハルのフルート、ヴィオラ、コントラバス、2ホルンのクラシカルなアンサンブルより第1楽章アレグロ モデラート。
Johann Baptist Vanhal (1739-1813) “Cassation in D major
fl,vla,db,two horns(db. David Sinclair)

 1曲めは、ヴァンハルのフルート、ヴィオラ、コントラバス、2ホルンのクラシカルなアンサンブルより第1楽章アレグロ モデラート。
フランティシェク・ポシュタ(1919-1991)Kb,フランティシェク・ヴァイナル(Vajnar)指揮ドヴォルジャーク室内管弦楽団

 3曲目は、アラン・ドロン主演の映画“太陽がいっぱい”のテーマ。作曲は作曲はニーノ・ロータ。

 そして、ニーノ・ロータ作曲コントラバスとオーケストラのための“協奏的嬉遊曲” 東京シティフィルとフランコ・ペトラッキCb

 最後はオスカー・ピーターソン “ナイト・トレイン”ベースはもちろんレイ・ブラウン。

 レディオBINGO FM77.7MHz 毎週金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』。インターネットでは、レディオBINGOホームページ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html
から「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。但しリアルタイムのみですが。アシスタントは、大戸綾加さん。
 番組へのメールもお待ちしております。もちろんここのFBタイムラインにもご感想お送り下さい。
c0138893_11430557.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2018-06-20 11:43 | NEWZ

渡辺香津美 東京ワンダラー

 2018.06.15FM「溝入敬三の音楽定食」は、9月28日にリーデンローズ初登場のギターレジェンド渡辺香津美さんの最近のアルバムを『渡辺香津美TOKYO WANDERER』を中心にお送りします。ゲストは、福山のコントラバス奏者・原田一平さん。

先ず、ジャズベーシストの井野信義さんという方がいらっしゃいました。彼のファーストアルバム「マウンテン」(渡辺香津美プロデュース)のレコーディングに参加させていただいた所から。
渡辺香津美編曲 、ヴァイオリン大谷康子、坂田泉、ヴィオラ山崎啓子、チェロ堀内茂雄、指揮溝入敬三のLPレコード・マウンテンより『七つの水仙』

 次は渡辺香津美「TOKYO WANDERER(東京そぞろ歩き?)」より サンタナ “哀愁のヨーロッパ”
 このアルバムは、弦楽合奏とギターで名曲をカヴァーするという楽しい試み。これが福山で実現します。

 そして同アルバムから、ウエザーリポート「ヘビー・ウエザー」冒頭の曲。 “バードランド”

 それからチック・コリアの名曲「スペイン」ですが、CHIK COREA “RETURN TO FOREVER”1972デヴューアルバム
LIGHT AS A FEATHERのオリジナルで。

 最後は、スペインつながりで、先日初来日、初来福したスペインはバルセロナのピアニスト・作曲家、アントニ・ベセスのピアノで、エンリコ・グラナドス『詩的なワルツ』より第3曲、“ゆっくりとしたワルツのテンポで”

 レディオBINGO FM77.7MHz 毎週金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』。インターネットでは、レディオBINGOホームページ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html
から「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。但しリアルタイムのみですが。アシスタントは、大戸綾加さん。
 番組へのメールもお待ちしております。もちろんここのFBタイムラインにもご感想お送り下さい。

c0138893_11073544.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2018-06-13 11:08 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧