溝入敬三コントラバス劇場

電車に乗って都会島へ

 いつもは、大きなコントラバスが付いて来るので車でしか外出しないけれど、ちょっと所用で、久し振りに電車に乗って都会島へ出掛けた。驚いたね。 
 横須賀線の四人掛けボックス席なんだけれども、こぎれいなおばさんが、膝のヴィトンのバッグから、やおら取り出したのは、ビニール袋に入った菓子パン。手を突っ込んでは、お上品に少しずつちぎって、お口に入れる。二十分くらいかけて三つ食べたな。口の回りにパン屑が付いているのも発見。
 向かいに座っていた中年夫婦は、といってもまだ四十代だと思う、それを見て心強かったのだろう、奥さんが伊藤園のお茶のパックを出してストローを突っ込んでチューチュー、それだけかと思ったら、どこかで買って来た弁当を旦那に開けさせて、二人で食べている。その後ろの席では、妖怪女がずっと化粧しているだろう。僕の右隣の高校生か大学生の女の子は、両耳にイヤーフォンで、長い髪を八百屋の店先のようにたらして俯いてピクリとも動かない。指先だけがずっとピクピク痙攣していると、良く見れば、ゲームに夢中。でも携帯には、すぐに反応して、小声で応対。左隣の男の子も、イヤーフォンしてゲームに釘付け。じい様が、本を読んでいるくらいで、殆どの客、後はもう携帯に集中中。
 さて用事を終えて、帰りの電車は東横線で。ホームを歩いていても、列に並んでいても、みんな携帯で忙しいのね。友達が多いのかね。仕事には見えないけど。さて、怒濤の波に押されてやっと席に座れた。ここでも、やれやれ、近頃は若い子も平気で人前で食べるのね、せめて携帯か食べるかどっちかにしなさい、あらあらあのおばさんもお菓子ほうばって、とぼーっと見ていたら、駅員が僕に向かって来るじゃない。「女性専用車両にご協力下さい」だって。どおりでオバサン係数が高いと思った。
 本日は、たくさん勉強させてもらいました。都会島は、なるべく行きたくないけど、やっぱり行くなら車かな。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2007-12-13 16:02
<< ペンキ屋さん アニヴェルセル表参道へ >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧