溝入敬三コントラバス劇場

極楽だねー

c0138893_16471349.jpg

 チャーリー・ヘイドゥンというジャズベーシストが、モンタレーのフェスティバルに出演した時のライヴCDがある。毎晩共演者が変わる。僕の持っているのは、ドン・チェリーという超個性的なトランペッターとエド・ブラックウエル(Ds)との一夜だが、その開演に先立って彼の一言が入っている。
"I'm in Heaven! Everyday.Every night!"
そりゃあ、毎日次々と素晴らしいプレーヤーと共演できるのだから、天国に舞い上がってしまいますよね。
 こんなことを前に振ったというのも、昨夜のライヴがお楽しみ三番勝負だったから。ヴィオラの中島久美ちゃんとの白熱のバルトーク「44のDuo」からの9曲から始まって、ユン・イサン「Together」では、現代曲やタンゴ大好きの安田紀生子さんとの、ふーふーしないと火傷するチゲ鍋のようなデュオ。彼女、黒檀ミュートをぶっ飛ばしておりました。そして3曲目は、同級生の中垣文子、ことアヤコと、バリエールの仲良しデュオ。彼女とはヴィブラートの数が予想出来るくらいツーカー。燃えたね。という訳で、私も、チャーリー・ヘイドゥンの真似をして、
「こりゃあ極楽だねー!」と言ってしまいましょう。
 そして後半は、お待ちかねの五重奏曲「鱒」。キラキラと輝く水面は、浅井道子さんの鍵盤を走る白魚の指でございまして、それは美つくしゅうございました。やはり一人一人が個性的ですから、面白くない訳が無い。外苑前Z.imagineでの練習初日には、どこへ向かうのか全く行方の知れない鱒でしたが、昨夜は、怒濤の迫力で、イグアスの滝を登って行ったのでありました。鱒がパワーアップしまして、龍かなんかに変身ですね。その勢いで、アンコールは、ピアソラ「ブエノスアイレスの夏」ですから。
 なんだ、クラシック音楽ってめちゃ面白いんじゃん! またやろう!

 写真は、薪ストーブのSPACE461のライヴに大沢純子さんが作ってくれたダンボールのBASSですが、もらってきて、公園通りに飾りましたら、素敵なこと! みっちゃんが写真を撮ってくれたので、ご紹介。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2007-11-30 16:48
<< 日本舞踊やります 『おいしい鱒料理』 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧