溝入敬三コントラバス劇場

『トライアングル』

 神様達が集まって相談した結果、いつもいつも、つまらない仕事でも一生懸命にやっているトライアングルを呼んで、褒めてやろうということになりました。トライアングルは、謙虚ですから、神様の前に出ますと、一人一人丁寧にお辞儀をしました。しかし福の神の前に出ますと、くるっと背を向けてしまいました。それを見たある神様が、どうして福の神にだけお辞儀しなかったかと尋ねました。トライアングルは言いました。福の神が、指揮者と大変懇意にしているのを知っていますから。

(11/1に公園通りクラシックスでエレキベースの弾き語り曲「音のイソップ」の中の一曲として発表したテキスト。)
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2007-11-13 11:51 | 物語
<< 『女神とトロンボーン』 まだまだ忙しい >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧