溝入敬三コントラバス劇場

琴五重奏曲『チュニジアの祭り』その後

 7月26日に『チュニジアの祭り』が初演されました。急遽、僭越ながら私が指揮させて頂きました。指揮と言ってもインテンポをキープするためのメトロノームに徹するだけだったけれど、大先生方のおかげでとても良い演奏になりました。
 演奏後、お客様の反応も良く、多くの人が感想を述べに来てくれました。かわいい中学生も団体で来てくれました。多くの方が楽譜を希望されましたので、多少注釈を入れたりしてから、次の日には、みなさまに楽譜をお分けしました。もちろんタダ。50部ほどがあっという間になくなってしまいました。ただだから? 来年の「ふくやま小中学生筝曲コンクール」で弾いてくれるグループもあるかもしれません。あるいはどこかの発表会で。作曲は演奏してもらえなければただの古紙。私は日本著作権協会に入っていませんから、今のところは著作権料は、なしで演奏可能。でも、もしも演奏するときには私になんらかの連絡がほしい。できれば聞きに行きたいから。
 曲は、チュニジア産の8小節のメロディをもとに、シンコペーション、二拍三連、ポリリズムなどをふんだんに取り入れたお楽しみ音楽。邦楽命の大人には、演奏が難しいようでしたけれど、子供にはイージーな気がするのですよ。子供の演奏を聴いてみたいなあ!

 (子供の表記は、絶対に子供です! だれが子どもなんて書くもんか!)
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2012-07-30 16:08 | 音楽
<< 音楽定食五百円也vol.15 初演 『チュニジアの祭り』 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧