溝入敬三コントラバス劇場

3.11前夜〜シネマ・イタリア・ジャズ

3.10(金)夜7時半FM『溝入敬三の音楽定食』は 生放送。
 3.11前夜です。放射線被爆限度、1ミリシーベルト以下/1年を、国は年間20ミリシーベルト(年間5ミリシーベルトでチェルノブイリでは、強制的移住)に変更。しかも帰って来いという。そんなに言うならあんた達が住みなさい。
 先ずは、追悼。坂本九『見上げてごらん夜の星を』
 2曲目は、昨年来日来福、大好評のロサリオ・ジュリアーニsax とルチアノ・ビオンディーニaccordion、エンゾ・ピエトロパオリdb、ミケーレ・ラビアds&electoronicsにで、1988年イタリア ジョゼッペ・トルナトーレ監督、エンニオ・モリコーネ音楽、『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマ曲。映画に魅せられた少年時代青年時代を回想。
 次は1984年米伊合作映画 “ONCE UPON A TIME IN AMERICA”
セルジオ・レオーネ監督、ロバート・デニーロ主演、エンニオ・モリコーネ音楽『デボラのテーマ』。イタリアの任侠映画だよね。
 そしてなぜか岡本敦郎(おかもとあつお 大正13年1924-2012 小樽)『朝はどこから』『白い花の咲く頃』『あこがれの郵便馬車』も良いですが、今回はさわやかに春らしく『高原列車は行く』
 最後はセロニアス・モンクで “Blue Monk” お時間ございましたらどうぞお聞き下さい。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル、花粉症の女王・大戸綾加さん。
c0138893_10422270.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-03-08 10:43 | NEWZ

デヴィッド・ボウイからイングランドの音楽へ


 3月3日FM溝入敬三の音楽定食は生放送でお送りします。デヴィッド・ボウイ ★ (ブラックスター)グラミー賞にてノミネート全5部門を受賞!ですので、先ずは遺作CD★より
“I can’t give everything away”
 そしてレッドツェッペリンに繋げます。俗にツェッペリンⅣと呼ばれているタイトル無しのアルバム(1971年)から 
“天国への階段”
♪輝くもの全て黄金だと信じるladyが天国への階段を買おうとしている それ以後良く分らない歌詞。 
 次は古い古い音楽。オーランド・ギボンズ(1583-1625英)
“This is a record of John”
をアルフレッド・デラーがカウンター・テナーを歌うデラー・コンソートとヴィオールのアンサンブルで。
 今週はこんな風なイングランド特集でまいります。ギネスビールでも片手にお聞き下さい。ギネスはスコットランドだけれど。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル大戸綾加さん。

 番組から離れますが、こんな展覧会もやっています。

世界が熱狂した奇跡の展覧会、デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』。2017年1月8日(日)~ 4月9日(日)寺田倉
庫G1ビル(天王洲)にて開催中。(東京品川)


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-03-01 15:34 | NEWZ

懐かしの映画音楽

 今週の金曜日2月24日FM音楽定食は、先週に引き続き困った時の懐かし特集で映画音楽の定番をひねりもなくお送りします。ジャズ・ギタリスト、ラリー・コリエルの早過ぎる死に驚いたばかりだというのに、鈴木清順監督の訃報にびっくりしました。先日、『オペレッタ狸御殿』のことに触れたばかり。『ツィゴイネルワイゼン』のホウズキの紅色、良かったなあ。合掌。
 さて今回は、定番中の定番『禁じられた遊び』ナルシソ・イエペスから始めます。ルネ・クレマン監督。第二次世界大戦中、パリから逃げる途中でナチスの機銃掃射により両親と愛犬を殺されてしまう子供。淡々と静かに進行する反戦映画。
 そして『オズの魔法使い』からジュディ・ガーランド16歳が歌う『虹の彼方に』。映画も良いけれど、本も良いんだよね。
 次はマリリン・モンローが妖艶な酒場の女を演じる『帰らざる河』。マリリンは歌もうまい。バックコーラスのノー・リターンのリフレインが耳に残りますが、「マリリン・モンロー ノータリーン」と歌っていたのは野坂昭如だったなあ。本当は彼、モンローが大好きだったくせに。写真は、『帰らざる河』が手元になかったので『ナイアガラ』のジャケットですが、この映画のマリリンはシリアスでとっても怖い。実は彼女、演技派だったんだよね。
 それから『太陽がいっぱい』。アラン・ドロン主演。音楽はもちろんニーノ・ロータ。美しくもぞっとするような映画でした。これもルネ・クレマン監督。リメイク、マット・デイモンの『リプリー』も良かった。
 本日のメインは、マーラー作曲、交響曲第5番、第4楽章『アダージエット』。ブルーノ・ワルター指揮、ニューヨーク・フィル。トーマス・マン原作『ヴェニスに死す』のルキノ・ヴィスコンティ監督による映画に使われた曲。美少年に恋する老作家の名前がグスタフだけれど、実はマーラーのファーストネームなんです。なかなか意味深。こんな調子でやります。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル大戸綾加さん。

 
c0138893_23215903.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-02-22 23:22 | NEWZ

デン・リーチュン テレサ・テン

 皆様お変わりはございませんでしょうか? 今週金曜もFM『溝入敬三の音楽定食』よろしくお願いいたします。以前より気になっていた『テレサ・テンが見た夢・華人歌星伝説』(平野久美子著、ちくま文庫)を読みました。この知識無しにテレサ・テンを聞いてもほんの一部しか理解できていないのかもしれません。ということでテレサ・テンことデン・リーチュン特集。
 1曲目は、30数年前渋谷駅構内で演奏していた王林(揚琴)、呉章義、王雪龍(二胡)から千円で買ったカセットテープから。作詞:貝林 作曲劉雪庵 「何日君再来」(ホーリー ジュン ザイライ)1937年に上海で製作された映画『三星伴月』の挿入歌。
 次は1986年、作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし『時の流れに身をまかせ』但し中国語版。といっても広東語、北京語、台湾語の区別は私には付きません。デン・リーチュンは中国系台湾人。日本語もうまいけれど、やはり自国語とは比べ物にならないと思います。
 そして、中国語古典詞にマーラーが作曲していることにインスパイアされ香港でアルバム作ることになるのですが、その前にその『大地の歌』を。1908年G.マーラー第3楽章『青春とは』李白の詩フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団、リチャード・ルイス(テナー)1959年録音
 いよいよその傑作アルバム『淡淡幽情(タンタンイォウチィン)』1983発売香港。南唐時代の詞だけど、作詞者の名前は変換不能、作曲者は現代の人だけどこれも難しいしペーストしてもどうせ読めない。
『ひとり西楼に登る』♪無言にて独り西楼に上る、月は鉤(かぎ)のような三日月。切ろうとして断ち切れない、沈めようとすればするほど乱れる。それは別れの憂い哀しみである。
 『淡淡幽情(タンタンイォウチィン)』よりもう1曲『長寿を願って』。宗の時代の詞、現代の作曲家 ♪美しい月よ、あなたはいつから大地を照らしているのですか。・・・ただお互いの長寿と健康を願い、たとえ遠く離れていても、友にこの美しい月を享受できることを願うばかりだ。
 本当に自分のやりたいこと、大事なことを大切にして生きたいものだと思う今日この頃であります。
  レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル大戸綾加さん。


c0138893_22185733.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-02-02 22:19 | NEWZ

冬の旅

c0138893_11162946.jpg
 明日金曜2017.01.27夜7時半はFMミゾテイは『冬の旅』。先週に引き続き困難な愛の歌の数々。先週は、ご意見を反映させて、沢田研二『時の過ぎ行くままに』も追加、全コーラス放送しました。私も思わず「じゅりい〜!」と叫んでしまいました。
 さて今週はクラシックからまいりましょう。シューベルト『冬の旅』1827年、 詞W.ミュラーを、ミスター・バリトン歌手、フィッシャー・ディスカウ(1925-2012独)とスーパー伴奏ピアニスト、ジェラルド・ムーアPf。もちろん歌が良いが、ピアノに注目して聞くとこれまた大変面白い。
 『おやすみ』『風見の旗』 さようならされた恋人の住む町に、おやすみと言って旅立つ。元恋人宅の『風見の旗』も揺れている。うーん辛い。
 北山修作詞、加藤和彦作曲、フォーク・クルセダーズ『あの素晴しい愛をもう一度』 オリジナルでフルコーラス。もっと長生きして欲しかったなあ、加藤和彦さん。
 ボブ・ディラン “Everything is Broken”  備後弁ですと「なんもかんもめげてしもうた」。Broken何何と脈絡がないかのごとく切れたもの、壊れたものの名前が列挙され、それは彼女が去っていったかららしい。ノーベル賞だろうとなんだろうとやはり芸術点高い歌。
 この季節にはボウイ。昨年1月亡くなった、世界一クールな人類、デヴィッド・ボウイ(1947.01.08-2016.01.10)の傑作遺作アルバム『ブラックスター』より “Sue” 。「スー、仕事が見つかった これで家も買える 全て上手く行くよ」と歌うのに、スーは彼氏と去っていっちゃったらしい。ボウイの死の二日前、彼の誕生日の発売だったアルバム。自分の死までの演出を作っていたのでしょうね。
 最後は、チャイコフスキー(1840-1893)バレエ『くるみ割り人形』より『花のワルツ』。冬にはチャイコフスキーがよく似合う。トスカニーニ指揮、NBC交響楽団。2月11日演奏会版『音楽定食五百円也』(ふくやまリーデンローズ小ホール)はハープ・片岡詩乃さん出演だから、この曲でハープを聞いてもらうのもテーマの一つ。おかげさまで売れ行き好調!
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル大戸綾加さん。
[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-01-26 11:14 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧