溝入敬三コントラバス劇場

『トライアングル』

 神様達が集まって相談した結果、いつもいつも、つまらない仕事でも一生懸命にやっているトライアングルを呼んで、褒めてやろうということになりました。トライアングルは、謙虚ですから、神様の前に出ますと、一人一人丁寧にお辞儀をしました。しかし福の神の前に出ますと、くるっと背を向けてしまいました。それを見たある神様が、どうして福の神にだけお辞儀しなかったかと尋ねました。トライアングルは言いました。福の神が、指揮者と大変懇意にしているのを知っていますから。

(11/1に公園通りクラシックスでエレキベースの弾き語り曲「音のイソップ」の中の一曲として発表したテキスト。)
[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-11-13 11:51 | 物語

まだまだ忙しい

 11/3,4仙台での「楽器作り、音作り」ワークショップは、学生から元大学教授まで広い年齢層が20人程参加して下さり、なかなか盛り上がりました。竹で鳩笛とケーナ、横笛を作ったり(これは宮城教育大学の美術の浅野先生担当)、それやその他色んな簡単に演奏出来る楽器を使って音遊びの実験(これが僕と、同じく宮教大の吉川先生との係)しました。コントラバスもエレキベースも使用。あー面白かった!
 でもまだ紅葉は始まったばかり、これからですね。牛タンは美味しかった。それ以外は、会場で弁当ばっかりで、お腹がプックリもたれました。
 11/10建長寺法堂(けんちょうじ・はっとう)での小澤真智子Vl演奏会は、大雨の中、搬入、リハ。立派な千手観音(?だと思うけど)が祭られ、天井画は完成間もないらしい大きな龍の絵という荘厳な空間ですが、参拝客の為に開け放してあるから、楽器は湿気でぐにゃぐにゃ、雨の屋外コンサートに近く、全然響かない。でも、本番の頃には、雨も上がり、きっちりと厚い木の扉を閉め切ったら、ばっちりの音響。空気も安定。真智子ちゃんもノリノリ、ベースもぶんぶん、オリジナルもピアソラもブリブリでした。
 本番中に、また大雨は降り始め、外の観光客のおばさん達のかしましさや、カラスや雀の鳴き声、工事の音等も、まあご愛嬌で。なにせ、私は、レパートリーにジョン・ケージ「4分33秒」があるくらいだから、めったな音には動じない。

 来週は、広島県福山市へ里帰りしまして、もちろん一杯楽器を満載しての車です。20日は、「SPACE 461」という、もともと写真スタジオを改装してできたおしゃれなギャラリーカフェでライヴ。奥様の手作りのケーキと美味しいコーヒー、そして薪ストーブがぽかぽか燃えているらしい。
 次の日は、駅前の「JAZZ SPOT DUO」というところで、名前のとおりジャズ系の店なんだけど、かまわず「KEIZOコントラバス劇場」。小中高校の同窓生も来てくれるはず。皆様どんなオジさんオバさんにくたびれているか知らん?
 それが終わったら、まあ次の日ですけど、猫ジョエルと犬タケルの待つ横浜へひとっ飛び。まじで「どこでもドア」欲しいです。
c0138893_145572.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-11-12 14:06 | 演奏予定

忙しい時もある

 いつの間にかレコードって物が回りに見当たらなくなってしまって困ってしまう。ライヴハウスにもプレーヤーが無いんだもの。外苑前Z.imagineのを当てにしていたら、使っていないから壊れているらしいんだと、トホホ。オーディオマニアの某氏に連絡したら、超高級機種だから動かせないし、たとえ持って行ってもセットするのに何日もかかるそうだ。しょうがないから明日、自分の家庭用ステレオを持って行くんだけれども、針は古いし、アンプはガリガリいってるし。まあ味が有って良いか。始めっから、アナログ音質に然程興味は無く、珍しい演奏を聴かせしようというつもりだから。事件になると面白いんだけど。11/1「LPレコード密室鑑賞事件」。
 あさってからは、仙台で、即興演奏のレクチャーとワークショップ。簡易楽器を作ったり、それで遊んだり。でも主催の作曲家の吉川和夫さんが超多忙で何も準備ができていないんだ。ああ、どうしたらいいんだ。東北自動車道のアイディアの神様! 11/3,4「五感アートラボ」
 帰って来たら、なんだかヘンデル/メサイアなんてのがあって通奏低音。カット版だけど、やはり長い。体に悪い。勿論バス一人。
 それをやり過ごせたら、11/10鎌倉の建長寺法堂「小澤真智子ヴァイオリン演奏会」。すごく難しい曲を一杯弾かなきゃあならない様子。まだ楽譜もらっていないのが一杯あるんだけど。何時練習出来るのかなあ? 練習すれば弾けるのか知らん。このところイヤーな夢見て良く眠れない。
 世話をしている野良猫のチャーは、喧嘩して来て右足をビッコ弾いている。もう一週間、でも全然治らない。年だからなあ、アレルギーはあるし、アトピーだし、化膿しやすいタイプだし。でも絶対捕まえられないから医者にも連れて行けない。ええい、あほ猫!
 とりあえず、へたった弦を替えて、明日の練習。でも、会場で配るチラシをプリントアウト。紙がない?
c0138893_14401934.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-10-31 14:41 | 演奏予定

もりのせいかつ【森の生活】

 カリフォルニアの本屋で、ソローの『森の生活』を探したが、見当たらない。ソロー、ヘンリー・ディヴィットはどこにあるかと店員に尋ねたが、彼はその名前さえも知らないと言う。日本人の作家? 中国人か? などとたわけたことをぬかす。アメリカ人は本なんか読まなくて、文化程度が低いから、自分の国のこんなに有名な古典作家も知らないのだ。その時は、どうしても原題が思い出せなかったのもあって、結局探せなかった。なんてバカヤローの国なんだと頭にきた。
 家に帰っていろいろ調べてみたら、ソローはThoreauでありまして、私は日本語表記から、勝手にSollowみたいな綴りを考えて、発音していたから通じなかったのでした。LもRも試しましたが、始まりがSでは絶対に分かって貰えない。ちなみに原題は、皆様ご存じのようにもちろん『ウォールデン Walden』でございますね。
 次の日、また本屋に行って、Tの棚を自分で探して、違う店員のキャッシャーでそっと買って帰りました。いやーアメリカって、アメリカ語って、本当に奥が深いですね。
c0138893_163212.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-10-23 16:03 | 想い出

LPレコード密室鑑賞事件

 古いレコードにしか残されていない巨匠ベーシスト達をお聞かせします。
音楽や奏法や色んなエピソードもお話しします。
そして後半はKEIZOコントラバス劇場。お楽しみに。
c0138893_10401492.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-10-20 10:40 | 演奏予定



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧