溝入敬三コントラバス劇場

トントラバス<tontora-bass>

 最近、南米大陸を旅してきた友人から、面白い話を聞いた。アマゾン最大の淡水魚「トントラバス」である。写真を見せてもらったが、こういうものを見た時に現地では「オーパ!」と言うらしい。バス=鱸(すずき)類で、2メートルくらいある。トントラバスを抱え上げている二人の漁師は、背の高いストゥールに乗っているが、それでも尻尾は地面に横たわっているという代物だ。もっと大きいものも珍しくないという。顔は、扁平に潰れていて、小さな眼で、とても器量よしとはいえない。見ようによっては、お人好しの豚。ピンク色の体には、鮮やかな黄色の縞模様があり、ピンクパンサー(豹)ならぬピンクタイガー(虎)である。こんな容姿から、日系人が「豚虎バス」と呼びはじめたという。現在では、この“tontora-bass”といユーモラスな名前のほうが一般的で、他の名前も教わったが、私は忘れてしまった。また、姿からは想像しにくいが、貴重な蛋白源で、長い時間かけて焚き火で丸焼きにしたものを食べたが、かなり美味しかったらしい。こういう、絶対に自分が食べることができないものの話を聞かされるのは、非常に悔しい。
 まあそれは置いておいて。このトントラバスは、夜になると、広いアマゾン河の岸から少し離れた辺りにやって来て、妙なる声で歌うのだそうだ。最初は、一匹がボーッと低い長い声で鳴く。コーラの瓶に息を吹き込むと鳴る、あんな音を複雑にしたような感じらしい。とにかく大変悲しそうな声で、その声に引かれて、別のトントラも集まって来る。そして、いっしょになって鳴き始める。大体同じくらいの低音域だが、固体によってピッチや音色も微妙に違うので、面白い音らしい。それらが徐々にうまく響き合ってくると、非常に高い倍音が発生し、フルートの緩やかなアルペッジョみたいな音が聞こえる。こういった音を音響学では差音というが、これが、河の上空に浮かんで聞こえるというのだ。その微妙に変化し続ける響きは、河岸にこだまし、それを聴きながらグラスを傾ける。友人は、そんなうらやましい話をした。そして「星空の下でそれを聴いていたら、ふと、おまえの演奏会で聴いたコントラバス四重奏を思い出して、あれにそっくりだと思った」と言った。そんな素敵な音と比べられたらコントラバスも名誉なことだ。
[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-10-10 16:24 | 物語

すいぎゅう【水牛】 

沖縄の若いコントラバスの子たちとドライブしていた。那覇のメインストリート、国際通りのホテルまで迎えに来てもらい、そこから沖縄市を越え、具志川市(現在は、うるま市)を越え、はるばる、金武(きん)に向かう途中。もうこのあたりは「ヤンバル」に分類されるから、沖縄の前人未踏のチベットと言ってよい。文明から隔絶されたこのあたりでは、飼い猫はイリオモテヤマネコだし、ヤンバルクイナのフライドチキンがご馳走だ。そんなことはないが、那覇の都会からは想像できないほど、のどかな景色である。
 海を見下ろしながら、ゆるやかな山路を下っていたら、向こうから三日月型の角をした水牛が牛車を引いて登ってきた。牛車には、芭蕉で編んだ簔傘を被ったオジイとオバアがニコニコ笑いながら乗っている。私のみならずウチナンチューの学生も、嘘でしょうと、目が点になった。ここはどこの国やら、いつの時代やら。カメラを持って行かなかったことをかなり悔やんだ。そしてそれから30分程走ったら、やっと、基地のフェンスが幅をきかし、米軍放出品の店が並び、タコライス屋もある、そりゃあそうさタコライス発祥の地、金武に到着したのだった。
 後日、那覇でタクシーの運転手に、沖縄の水牛はたくましいですね?と話しかけたら、「あれは八重山ね、本島にはいないさー」という返事だったので、あえて反論しなかったけど、沖縄は、どこでも同じ時間が流れているわけではないらしい。
[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-10-06 16:38 | 想い出

せいが【青蛾】 

新宿東口にあった古い土蔵作りの喫茶店。夏は、クーラーはなくても、打水がされ、水盤に水が張られていて涼しかった。冬は、コートは脱げなかったが、火鉢に熾った炭の香りが暖かかった。いかにも頑固そうな店主は、おそらく美術系出身で、50代か60代。我々汚い格好をした若造が入って行くと、「ちぇっ今日は駄目だね」と、年配の客に囁くのだった。ある日一人で店に入ってくつろいでいると、彼はいつものように無口だったが、知り合いの客に向かって「ボワイエが死んだね」と言った。「ああいう人はいないね。」「もういないね。」今までただの頑固じじいだと思っていたが、一瞬白黒の画面にフォーカスで、じじいが浮かび上がった。ほどなくして、あるいは2、3年後だったか、閉店した。あの店がなくなってから、あの裏通りには行ったことがない。もう新宿という町には、裏通りなどなくなってしまっているかも知れない。
[PR]
# by Keizo-Mizoiri | 2007-10-02 16:15 | 想い出

太鼓聞こえない

 とても有名な小話らしいんだけど・・・

 アフリカを旅行中。どこからか太鼓の音が聞こえて来た。野蛮な土人かも知れぬ。「大丈夫ですか?」でもガイドが言う「ドラムが聞こえているうち大丈夫。聞こえなくなったら危ない。」次の日も太鼓の音がする。「ドラム聞こえる大丈夫。聞こえない危ない。」
 或る日、太鼓の音がぴたりと止まった。ガイドが震えている。そして言った。
「ドラム聞こえなくなった。これまじ危ない! ベースソロ始まる!」

 ビル・クロウ「ジャズ・アクネドーツ」より。
 怒るよ! でもビル・クロウ、ベーシストだから許すよろし。
[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-09-13 10:36

王様好きなコントラバス

 たくさんのコントラバスが集まって相談した結果、自分たちに王様がいないのはおかしい。神様にお願いしようということになりました。
 全てをお見通しの神様は、願いをかなえてやるために、地上に大きなドラム缶を落としました。天から降って来たドラム缶は、凄まじい音を立てましたから、コントラバス達は肝をつぶして逃げ出しました。そして遠巻きにして長い間見ておりました。しかしいっこう静かなので、近寄って覗いてみましたら、中は空っぽでした。
 みんな笑いながら集まって来ると、てんでにドラム缶を叩いたり、上に座ったりして馬鹿にしました。そしてとうとう、かようなものを王様に戴いておくのを恥ずかしく思い始めたのです。
 再び神様にお願いしました。
 「神様、このあいだの王様は、何もしません。少々呑気過ぎます。脳味噌も一欠片も入っていません。新しい王様と取り替えて下さい。」
 それを聞いた神様は、ひどく腹を立てられました。それで、よりによって、ドラム缶の王様の代わりに、本当によりによって、指揮者を地上に送ってしまったのです。
 それからコントラバスは、一生を指揮者にいじめられて暮らすことになったということです。

 この話は、掻き乱したり悪い事をしたりする支配者たちよりも、馬鹿でも悪くない支配者たちを戴く方が優っている、ということを明らかにしています。

(音のイソップより)
[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2007-09-11 12:18 | 物語



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧