溝入敬三コントラバス劇場

アントニ・ベセス初来日 in 福山リーデンローズ

2017,8/25(金) FM "Music Set Meal by Keizo Mizoiri" ミゾテイは、バルセロナのピアニスト、作曲家、アントニ・ベセスAntoni Bessesの初来日にちなんでスペイン特集です。

フェデリコ・モンポウFrederic Monpou(1893-1987カタルーニャ地方バルセロナ)マルタ・マテウsp、ホルディ・マソpfの演奏で1 曲目。
モンポウ歌曲集「夢のたたかい」より『あなたの上には花だけが』 "Above you only flowers" from Combat del somni(Dream Battle)

2曲目は、同じくモンポウMonpouで、「橋」チェロとピアノのための。El pont for cello and piano(1976) 
「私たちの初めての散歩の思い出に」と記し、のちに妻となる恋人のピアニスト、カルメン・ブラーボに捧げたピアノ曲がある。舞台はバルセロナのムンジュイックという橋らしい。1976年、同郷のチェリスト、パブロ・カザルスの生誕100年に際し、スペイン文部科学省の委嘱作品として、モンポウは《橋 (El Pont)》(チェロとピアノのための)を発表。チェロの作品として日の目を見た。
9/3には、この曲を私のコントラバスとベセスさんのピアノで演奏します。

3曲目は、ベセスさんのCDより、オスカー・エスプラ(1886-1976スペイン東海岸のアリカンテに生まれマドリッドに死す。)
アントニ・ベセス エスプラ作曲「ソナタ・エスパニョール」より第1楽章 Espla, 1st movement from Sonata Espanola

最後は、マイルス・ディヴィスの名盤スケッチオブスペインより『アランフェス協奏曲』Miles Davis "Concieto de Aranjues" from “Sketch of Spain”

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントはレディオ界のカルメン大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-08-24 10:56 | NEWZ

暑いときの音楽

2017.8/18FM "Music Set Meal by Keizo Mizoiri" 《 溝入敬三の音楽定食》は、暑いときはこの音楽を。

Sachal Jazz(Sachal Studio Orchestra)サッチャル・スタディオ・オーケストラは、パキスタンPakistanの街ラホールで結成された伝統楽器Traditional musical instruments の職人集団。過激なイスラーム原理主義の台頭により芸術文化が廃れたことから仕事を失い、世間から忘れさられた音楽家たちによって結成。伝統楽器によるテイク・ファイヴTake Fiveのカヴァーで有名。
M1 サッチャルジャズSachal Jazz『イパネマの娘』The Girl from Ipanema

原六朗作詞作曲 昭和27年(1952)
M2 美空ひばりMISORA Hibari『お祭りマンボ』Mambo de Festa(適当な訳、本当?)

1956年、ソニー・ロリンズsax、トミー・フラナガンpf、ダグ・ワトキンスb、マックス・ローチds 『セント・トーマス』はヴァージン諸島Virgin Islandsの島の名前。西インド諸島にルーツを持つロリンズは、こういったカリプソのリズムやメロディーを子供の時から良く聞いていたと言う。ロリンズ作曲。
M3 ソニー・ロリンズSonny Rollins セント・トーマス “St.Thomas”

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。

c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-08-16 14:41 | NEWZ

ボサノヴァとハワイアン

2017年8月11日金曜夜7時半からのミゾテイは夏の音楽「サンバとハワイアン」です。ゲストは、作曲家の麹場富美子さん!

1曲目は『チェガ・ジ・サウダデ』CHEGA DE SAUDADE(想い焦がれて)
ジョアン・ジルベルトのこの曲がボサノバの始まりと言われている。1958年録音。
♪悲しみさん 彼女に言ってやってくれないか おまえなしでは駄目なんだと お願いだから 戻ってきてくれと
僕は生きていけないよ 
もしも帰って来てくれるなら ああ こんなすばらしいことはない 海に泳ぐ魚の数よりも もっとたくさんのキスをして この両腕にしっかりと 彼女を抱きしめる

2曲目はA.C.ジョビンのルイーザ”LUIZA”
熱烈な愛の歌として歌うジョビン。

ところが実は娘の名前。娘のマリア・ルイーザ・ジョビンが一緒に歌っているバージョンだとこうなる。
3曲目Antonio Brasileiro Jobin “SAMBA DE MARIA LUIZA”

イズリアル・カマカヴィヴォオレ1959-1997ハワイ、通称イズ(IZ)。イスラエル・カマカウィオ・オレ等とも表記。340kgを超える巨体と美しい歌声。肥満が原因、37歳で死去。
『静かなカワイハエ』古代より、物語や言い伝えのある美しい海や島を歌った。
4曲目はIZ “Kaulana Kawaihae”

そして5曲目もIZの有名曲 “Somewhere Over The Rainbow/What a wonderful World”

これも一度聞いたら忘れられない。曙、武蔵丸、小錦の歌
『天国から雷』

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、レディオBINGOの夏の花・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-08-10 21:22 | NEWZ

暑い夏の音楽

2017.07.28金曜夜のミゾテイは『暑い夏の音楽』です。

先ずは、G.F.ヘンデル、1748年にオーストリア継承戦争集結のための和平会議の祝典曲。平和万歳!で花火をあげたんだね。
ケヴィン・マロン&アラディア・アンサンブルで
ヘンデル「王宮の花火の音楽」より『平和』
ヘンデル「王宮の花火の音楽」より『歓喜』

そして、メンデルスゾーン。シェイクスピアの戯曲の原題“A Midsummer Night's Dream”の訳語は古くから『真夏の夜の夢』だったけれど最近は『夏の夜の夢』らしい。
アルトゥロ・トスカニーニ指揮、ザ・フィラデルフィア交響楽団
「夏の夜の夢」より『間奏曲』

次は、めっちゃ熱い。ジミー・ヘンドリックスの1969年ライヴatウッドストックで『ファイヤー』
♪おまえは俺のことなんか気にしないだろうけど 俺はそんなのどうでもいいんだ 新しいバカをやるぞ♪

うんまあ、ちょっと危ないジミヘン。

それから、ガーシュイン『ポギーとベス』の『サマータイム』をマイルス・デイヴィスの名盤「スケッチ・オブ・スペイン」から。ジャニス・ジョップリンのも考えたのですが、ジミヘンと続くとやけどしそうで今回は止めました。また涼しい時に。

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、レディオBINGOの夏の花・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。

c0138893_23481996.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-07-26 23:48 | NEWZ

スポーツと遊び

2017.07.21FMミゾテイは、夏休みにちなみ『スポーツと遊びの音楽』です。私は夏休みは勉強はしません。

1曲目、C.ドヴュッシー(1862年8月22日 - 1918年3月25日仏)『子供の領分』より「ゴリウオッグのケイクウォーク」 “Golliwog’s Cake walk”をA.ミケランジェリの珍しいライヴ録音で。

次は、サティ「スポーツと嬉遊曲」"Sprots et Divertissements"より
『ブランコ』『目隠し鬼』『陣取り遊び』『ゴルフ』『恋愛ごっこ』『テニス』を映画音楽等で有名なミッシェル・ルグランのめっちゃ生き生きとしたピアノで。

そしてオネゲル『交響的運動第2番 ラグビー』をジャン・マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団で。この曲は、ラグビーの試合風景が完璧に見えます。

締めは、魂の応援歌を聞きます。ウラジーミル・ヴィソーツキイ(1938年1月25日 - 1980年7月25日、ソ連の詩人、俳優、シンガーソングライター)。
『ハイ・ジャンプ選手の歌』〜アルバム「大地の歌」
♪・・・大事なのは、奴らの踏み足は左だが、俺のは右ってことなんだ みんなの踏み足が左だろうと、俺の踏み足は右なのさ。

最後はモンポウ『歌と踊り』より6曲目を聞きながら、もちろん初来日、バルセロナの重鎮ピアニスト、アントニ・ベシェスの宣伝。9月2日講習会、3日コンサート at Reed & Rose in FUKUYAMA City 売れ行き好調!!!

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、レディオBINGOの嬉遊曲・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_22124082.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-07-19 22:13 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧