溝入敬三コントラバス劇場

<   2017年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

倉敷散策

大原美術館別館の前庭には、クリスト。じゃなくて資材だか植木だかをブルーシートで包んであるだけ。すぐそばに大きなロダンがあったりして。赤とんぼもいっぱい飛んでいる。久し振りの倉敷散策。
c0138893_12223102.jpg
c0138893_12232210.jpg
c0138893_12235626.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-27 12:24 | NEWZ

ロシアンジャズ的クラシック音楽(ショスタコーヴィッチ〜カプスーチン)

2017.09.29(FRI)夜7時半よりのFM溝入敬三の音楽定食は、ロシアンジャズ的クラシック音楽です。カプースチィンの超絶CDがやっと海外から届いたもんだからこうなりました。

ショスタコーヴィチ<ジャズ組曲 第1番>1934年ですが、ジャズという言葉は、軽音楽、ダンスミュージックの意味で使われているようです。日本でもアメリカからの軽音楽はジャズと呼んでいた時期があったようですね。この組曲は、特に1曲目、クルト・ワイル『三文オペラ』(1928年)の影響大と思われる。

○ショスタコーヴィチ<ジャズ組曲 第1番>『ワルツ』『ポルカ』『フォックストロット』

「二人でお茶を」(ふたりでおちゃを、英語: Tea for Two)は、1925年のヒット・ソングですが、私など若いもん?にとっては、1950年公開のミュージカル映画『二人でお茶を(英語版)』のドリス・デイとゴードン・マックレー(英語版)デュエットで有名です。
以下、有名なエピソードらしいです。1927ショスタコーヴィチは指揮者のニコライ・マルコの自宅において、《二人でお茶を》の録音をマルコから聞かされ、即座に、「『あなたが1時間以内に記憶だけでこの曲を編曲することはできない』に100ルーブル賭けよう」と言われる。ショスタコーヴィチはその挑発に乗り、およそ45分でオーケストレーションを済ませて、賭けに勝った。しかもこれがロシア方面で大ヒットしたらしい。初演1928

○ショスタコーヴィチ『タヒチ・トロット』(二人でお茶を)

そして近頃めきめきと人気上昇中の、カプースチィン『8つの演奏会用エチュード』を1985年自作自演アルバムから。もう上手なのはようわかった、みたいな曲と演奏。しっかし凄い作曲家、演奏家です。
○カプースチィン『前奏曲』『夢』

カプースチンさん、コントラバス協奏曲を書いているんですよ。若いもんに任せておけば良いんだけど、ジジイもそのうち挑戦してみようと思っております。

最後は、ジャズとは関係ないですけれど、ソヴィエト連邦というかアルメニアの作曲家ハチャトゥリアンのバレエ組曲<ガイーヌ>より ボリショイ交響楽団、指揮:アレキサンドル・ラザレフ
○『バラの乙女の踊り』

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、南の島でも人気であろう大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
インターネットはこちらから ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html
c0138893_12184041.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-27 12:19 | NEWZ

ででんがでん再演

スーパー邦楽トリオDen3によって拙作『ででんがでん』が再演されます。これは2007年にこのグループからの委嘱で書かせて頂いたものです。彼らの1stアルバムDen3にも収録されています。ぜひお出かけ下さい。
c0138893_10161599.jpeg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-20 10:16 | NEWZ

ペーター・スカルソープと南太平洋の音楽

2017年9月22日(金)夜7時半からFM溝入敬三の音楽定食は、またまたオーストラリアと南の島へ。

先住民族アポリジニーのデジリドゥー(ユーカリの枝の中空になったものをホラ貝のように吹く楽器)。自然の音に、楽器音が混じって行くのが面白い。
♪“Eagle Totem” 鷲のシンボル 

同じくデジリドゥーで
♪“Blow Fly Totem” 蜂のシンボル

先日、クロノスカルテットで聞いて頂いたペーター・スカルソープの弦楽四重奏にはデジリドゥーと共演するものがある。第18番は、作曲家2010年4月81歳の誕生日に完成。テーマは気候変動、地球の危機という。 演奏は、サンフランシスコのDel Sol Quartet+Shphen Kent:Didjeridu
♪スカルソープ 第18番、第1楽章“Prelude”

第2楽章は、西オーストラリア、キンバリー地方の20世紀中頃の歌『風車』が元となっている。風車を外見上西洋化された文化の象徴として捉えたそうだ。
♪スカルソープ 第18番、第2楽章“A Land Singing”

オーストラリアの東、ニュージーランドのまた東、タヒチ島の美しい合唱。イメネは歌のことらしいが、意味は不明。
♪タヒチ “イメネ・タラヴァ”

第2次世界大戦が始まった頃の歌謡曲。作詞:森地一夫 作曲:上原げんと 歌:岡晴夫
♪『パラオ恋しや』

最後は、やはり南太平洋の合唱。これも意味分らず。申し訳ない。 
♪クック諸島 “イメネ・ツキ”

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、南の島でも人気であろう大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_10103275.jpg
c0138893_10110317.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-20 10:11 | NEWZ

溝入敬三作曲『マイクロトーンズ・スタディ』東京初演

明日9月13日(水)杉並公会堂小ホールにて拙作『マイクロトーンズ・スタディ』13絃箏のための、が神囿歌世子(かみぞのかよこ)さんによって演奏されます。18時半開演です。私の曲は3曲目、7時頃からかと思われます。10分以内の曲ですが、未聴の音を追求、前衛してみました。よろしかったらお出かけ下さい。同じく杉並公会堂大ホールでは栗友会の女性合唱団青い鳥が、作:新美南吉、曲:吉川和夫、指揮:栗山文昭、合唱劇『手袋を買いに』の予定。こちらの開演が19時15分、吉川作品は後半のもよう。微妙。

c0138893_19362420.jpg
c0138893_19370863.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-12 19:37 | NEWZ

クロノスカルテット

2017.09.08FMは懐かしの、といってもメンバーを交代してからも現役ですが《クロノスカルテット》。1980年代頃から世界的に大ブームでしたが、初来日では僭越ながら私が共演させてもらいました。安達元彦作曲ソナタ。彼ら彼女は、民族音楽の影響を前面に押し出しておりました。当時それがとても新しく格好良かったのです。安達さんの曲もその路線。日本民謡的とジャズを融合したような曲です。アメリカでの演奏では、コントラバスをエディ・ゴメスが担当したそうです。恐れ多いことでございました。

1曲目は、オーストラリア先住民族アポリジニーのデジリドゥー 

そして、アポリジニー音楽から多大な影響で多くの作品を残したピーター・スカルソープ(Peter Sculthorpe、1929年4月29日 オーストラリア)弦楽四重奏曲No.8より第2楽章Risoluto 第4楽章Con precisione 演奏クロノスカルテット

コンロン・ナンカロウ(Conlon Nancarrow、1912年10月27日 - 1997年8月10日)は、アメリカ合衆国で生まれで、メキシコへ亡命。自動ピアノのための多くの作品で有名。スペイン内戦でスペインに渡り、スペイン共産党に入党したことからアメリカへの帰国を拒否され、メキシコシティに居を定める。
弦楽四重奏曲より第1楽章Allegro molto  演奏クロノスカルテット

次に掛けるのは、ジミヘン。このカヴァーが大ヒット。ロックをクラシックのカルテットがカヴァーするなんて考えられない時代でした。
『紫の煙』パープル・ヘイズ 

最後にセロニアス・モンク Reflections
これはオリジナルを聞いて頂きましょう。クロノスのデヴューころのアルバムにモンクのがあるのだけれど、これは編曲も演奏もひどいので話しだけでかけません。私、持ってますけど・・・

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは素敵な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。

c0138893_11371502.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-06 11:37 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
全体
NEWZ
想い出
物語
演奏予定
音楽
こんなことが

未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧