溝入敬三コントラバス劇場

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

暑いときの音楽

2017.8/18FM "Music Set Meal by Keizo Mizoiri" 《 溝入敬三の音楽定食》は、暑いときはこの音楽を。

Sachal Jazz(Sachal Studio Orchestra)サッチャル・スタディオ・オーケストラは、パキスタンPakistanの街ラホールで結成された伝統楽器Traditional musical instruments の職人集団。過激なイスラーム原理主義の台頭により芸術文化が廃れたことから仕事を失い、世間から忘れさられた音楽家たちによって結成。伝統楽器によるテイク・ファイヴTake Fiveのカヴァーで有名。
M1 サッチャルジャズSachal Jazz『イパネマの娘』The Girl from Ipanema

原六朗作詞作曲 昭和27年(1952)
M2 美空ひばりMISORA Hibari『お祭りマンボ』Mambo de Festa(適当な訳、本当?)

1956年、ソニー・ロリンズsax、トミー・フラナガンpf、ダグ・ワトキンスb、マックス・ローチds 『セント・トーマス』はヴァージン諸島Virgin Islandsの島の名前。西インド諸島にルーツを持つロリンズは、こういったカリプソのリズムやメロディーを子供の時から良く聞いていたと言う。ロリンズ作曲。
M3 ソニー・ロリンズSonny Rollins セント・トーマス “St.Thomas”

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。

c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg
c0138893_14401071.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-08-16 14:41 | NEWZ

ボサノヴァとハワイアン

2017年8月11日金曜夜7時半からのミゾテイは夏の音楽「サンバとハワイアン」です。ゲストは、作曲家の麹場富美子さん!

1曲目は『チェガ・ジ・サウダデ』CHEGA DE SAUDADE(想い焦がれて)
ジョアン・ジルベルトのこの曲がボサノバの始まりと言われている。1958年録音。
♪悲しみさん 彼女に言ってやってくれないか おまえなしでは駄目なんだと お願いだから 戻ってきてくれと
僕は生きていけないよ 
もしも帰って来てくれるなら ああ こんなすばらしいことはない 海に泳ぐ魚の数よりも もっとたくさんのキスをして この両腕にしっかりと 彼女を抱きしめる

2曲目はA.C.ジョビンのルイーザ”LUIZA”
熱烈な愛の歌として歌うジョビン。

ところが実は娘の名前。娘のマリア・ルイーザ・ジョビンが一緒に歌っているバージョンだとこうなる。
3曲目Antonio Brasileiro Jobin “SAMBA DE MARIA LUIZA”

イズリアル・カマカヴィヴォオレ1959-1997ハワイ、通称イズ(IZ)。イスラエル・カマカウィオ・オレ等とも表記。340kgを超える巨体と美しい歌声。肥満が原因、37歳で死去。
『静かなカワイハエ』古代より、物語や言い伝えのある美しい海や島を歌った。
4曲目はIZ “Kaulana Kawaihae”

そして5曲目もIZの有名曲 “Somewhere Over The Rainbow/What a wonderful World”

これも一度聞いたら忘れられない。曙、武蔵丸、小錦の歌
『天国から雷』

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、レディオBINGOの夏の花・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-08-10 21:22 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧