溝入敬三コントラバス劇場

<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヒマラヤ鉄道から

 お待たせいたしました。今週のミゾテイ2017.05.26FMは、『ヒマラヤ鉄道から』まいります。
 今は亡き小泉文夫(元東京藝術大学教授)団長の「’77シルクロード音楽調査団」は貴重な録音を沢山残しています。私の持っているカセットテープ『遥かなる詩』シルクロードより。
 ダージリン・ヒマラヤ鉄道とは、インドの東北部ダージリンを走る登山鉄道。最高点は標高 2143 m。イギリス植民地時代の紅茶運搬用。1999年世界遺産登録。音楽ではないけれど、蒸気機関車の音をお聞き頂きます。
 続いて、ダージリンの北、シャッキム地区のガントクという所の学校で歌ってくれたわらべ歌。ネパール語で『さあ凧を上げましょう』
 そして遊び歌『お腹がすいてるなら』
 器楽曲もあります。ヒマラヤから流れて来た水が大洪水になり、みんなは聖なるタンドン山に登って水が治まるのを神に祈ったときう伝説を歌っている。スットサン:擦弦楽器、1弦。トゥンブク(トゥグナ)撥弦楽器による『タンドン山』
 聴き鉄シリーズに戻りまして、シルベストレ・レブエルタス(1899-1940メキシコ)作曲家『おしゃべりのための音楽』より
『鉄道工事』
 トム・ウエイツのレイン・ドッグ “Downtown Train”、これも列車ものです。
「外では いつもの黄色い月が夜空に(ぽっかりと)穴を開けている 俺は窓をすり抜けて這い出ると 市街へと繰り出して行く 俺は 新品のダイム(10セント硬貨)みたいに 輝いている
今夜 お前と逢えるかい  ダウンタウンの列車の中で すべての 俺の夢たちは ただ雨のように 落ちて行く
全て ダウンタウン・トレインの上へと」
 最後は気軽にヨハン・シュトラウスⅡ世 ポルカ『観光列車』

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今日も元気な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_11200563.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-23 11:21 | NEWZ

鉄道音楽を聴きます「聴き鉄③」

今週のFMミゾテイ2017.05.19金曜日夜7時半は、まだまだやります『聴き鉄③』。鉄道ものって結構沢山あって面白いですね。

 1曲目は、映画『黒いオルフェ』の最初の方のシーンから。1959年、仏とブラジルの合作、マルセル・カミュ監督 ギリシャ神話オルフェの物語を元に ユリディスが電車から降りて姉の家へ向かうところ。電車の運転手はオルフェ。
 2曲目、エイトール・ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ第2番: 第4楽章の「カイピラの小さな汽車」という表題を持つトッカータということで、ブラジルから2曲。
 そして北米のスティーブ・ライヒで、“Different Trains”(異なった汽車)にまいります。演奏は、パット・メセニーとクロノスカルテット。スティーブ・ライヒの両親は幼少の頃に離婚したため、1939〜1942年の間、母の住むロサンゼルスと父の住むニューヨークを行き来したそうだ。そのことをテーマにした『アメリカ 大戦前」 “America-Before the war”
 ユダヤ系アメリカ人の彼が言う、もしも私がその頃、第2次大戦中のヨーロッパに住んでいたら違った汽車に乗っていただろう。ホロコーストへ向かう貨物列車。
 『ヨーロッパ 大戦中』“Europe-During the war”
 日本の懐かしい鉄道。リンゴをいっぱい積み込んだ列車。昭和31年 作詞:矢野亮(やのりょう)、作曲:林伊佐緒(はやしいさお)、歌:三橋美智也『りんご村から』
 最後に、線路から離れますが、ホルヘ・オライソンのギターソロでアストル・ピアソラ『天使のミロンガ』をどうぞ。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、機関車みたいに大きな車を運転している大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-17 12:09 | NEWZ

ペギー葉山さん追悼番組

 今週のFM溝入敬三の音楽定食は、5月12日金曜夜7時半です。今回は、4月12日に83歳でお亡くなりになった歌手のペギー葉山さんを月遅れで追悼する番組です。
 ペギー葉山さんは青山学院に通われましたが、その2年先輩平岡精二作詞作曲の『学生時代』から。 
「蔦のからまる チャペルで 祈りを捧げた日」これは、青山キャンパスのベリーホール内「チャールズ・オスカー・ミラー記念礼拝堂」のことだそうです。
①『学生時代』(1964年)
 進駐軍のアイドルよろしくキャンプで歌ったりしていたが、ペギー葉山の名が一躍、全国に知れわたったのは1959年の『南国土佐を後にして』。「もとは高知の鯨部隊と呼ばれた兵隊さんが、露営をしながら故郷をしのんで歌った歌なんです。私の『南国土佐』は♪都へ来てから幾歳(いくとせ)ぞなんですが、兵隊さんたちは♪北支(中国北部)へ来てからとか、中支(中国中部)へ来てからと歌いました。私にとっては平和を祈る歌でもあるんです」
 武政 英策(たけまさ えいさく)原曲は、中国大陸中部に出兵した陸軍朝倉歩兵236連隊(鯨部隊)内で自然発生的に生まれ、歌われていた曲とされる。後半部に土佐民謡「よさこい節」。武政は原曲を採譜、整理、改編しており、原曲の歌詞にあった「中支」「露営」といった、戦時下を連想させる言葉を、集団就職の若者をイメージさせる言葉に置き換えた。
②『南国土佐を後にして』(1959年)
 2013年インタヴュー「歌手生活が60年を超え、もうすぐ傘寿になります。芸能界でも戦争を体験した人は少なくなりました。首相の安倍さんが憲法のことをいろいろ言ってらっしゃるけれど、いま政治をハンドル(かじ取り)している方々は戦争体験がないでしょ。それが私は心配ですね。戦争は絶対にだめ、ずっと放棄したい。育っていく子どもたちに二度と経験させてほしくないです」
 『南国土佐』がヒットした翌年、ニューヨーク・ブロードウェーで反戦ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』をみて、マリアとトラップ家の子供たちが歌う『ドレミのうた』に感動。その夜、ホテルで日本語の詞を考えた。
「すぐ頭に浮かんだのがドーナツよ。ひもじかったころ、食べたいものを描いていたの。砂糖のいっぱいかかったお母さん手づくりのドーナツ!」。歌詞の著作権は放棄している。
③『ドレミの歌』
 そして少しクラシック音楽を挟みます。オトマール・スイトナー指揮、ベルリン・シュターツカペレ。
④シューマン交響曲第1番『春の交響曲 第2楽章』
 やはりジャズっぽい曲も聞かなくちゃと、平岡精二作詞作曲
⑤『爪』
 この『爪』アレンジ、最後の部分にクラリネットで『メモリーズ・オブ・ユー』が出てくるんです。ベニー・グッドマンみたいに。でもあえて、チャールス・ミンガス「イースト・コースティング」より。ペギー葉山さんの思い出に。
⑥ミンガス『メモリーズ・オブ・ユー』
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、いじいじと爪なんか噛まない大戸綾加さん。
c0138893_16295115.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-10 16:30 | NEWZ

鉄道音楽を聴くから「聴き鉄」

c0138893_08293683.jpg
今週5月5日のFM放送「溝入敬三の音楽定食」は『聴き鉄②』で鉄道の音楽を聴く。

①クラフト・ワークのアルバム『ヨーロッパ特急』のタイトル曲 TEE(トランス・ヨーロッパ・エキスプレス)
「シャンゼリゼに集まり朝のうちにパリを立つTEE(トランス・ヨーロッパ・エキスプレス) ウィーンに遅く到着しカフェにたたずむ 真っ直ぐに連結されたTEE 駅から駅へデュッセルドルフへ戻る イギー・ポップとデヴィッド・ボウイに会うために」

②大工哲弘「ウチナージンタ」より『マクラム道路』
道路のない八重山であるが、鉄道唱歌に乗せ、1947年にマクラム中佐の力で初めてブルドーザーを用いて作られた道路。もとはようやく人馬が通ることのできた道だった。

ジャン・ルネ・デジレ・フランセ(Jean René Désiré Françaix , 1912年5月23日 - 1997年9月25日)は、フランスの新古典主義音楽の作曲家。
③ジャン・フランセ『コントラバス協奏曲第1楽章』
旅行中、列車がある駅で停車中のできごと。若い女優が列車のステップに立ってポーズをとり撮影をしていたが、その向うに太ってバーバリー地方の民族衣装を着た男の人が茶目っ気たっぷりに彼女のポーズの真似をしていた。このシーンが私にコントラバス協奏曲をイメージさせた。 ギュンター・クラウスCb フランクフルト・ラジオ・シンフォニーオーケストラ 指揮・岩城宏之

④マイルス・デイヴィス「死刑台のエレベーター」から『テーマ』
恋人の夫を殺そうとする男がアパートのエレベーターの故障で閉じこめられている。その仕事を待つ妻のジャンヌ・モローはパリの街を徘徊する。地下鉄のシーンも印象的。

⑤マイルス・デイヴィス「死刑台のエレベーター」から『モーテルのディナー』

⑥グレン・ミラー『ペシルベニア 6-5000』
乗り鉄ならぬ撮り鉄ならぬ「聴き鉄」はまだまだ続ける予定。お楽しみに。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、何事にも動じない大戸綾加さん。


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-04 08:31 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧