溝入敬三コントラバス劇場

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山本邦山

 今年最後のFM『溝入敬三の音楽定食』は、12月30日金曜夜7時から。今回は『尺八・山本邦山』。2014年にお亡くなりになった人間国宝・天才尺八奏者・山本邦山さんの『銀界』というアルバムを聞いて頂きましょう。菊地雅章:作曲&ピアノ、ゲーリー・ピーコック:ベース、村上寛:ドラムス、1970年録音。
1曲目、アルバムタイトル曲『銀界』
2曲目、『駿雨』

 今聞いても新しいし、格好良いい。菊地雅章(今年お亡くなりでしたね、合掌)&山本邦山という二人の才能に脱帽。いやいやゲリピーも村上さんも最高!
 そして、藤原道山さんのBOLEROというアルバムから道山作曲『東風』。with SINSUKE(マリンバ)。
 それから、田辺頌山さん達のグループ(with 木田敦子、丸田美紀の箏)Den3で溝入作曲『ででんがでん』と、三宅一徳作曲『3つのバガテル』の中から1番目の曲。
 このお二人とも邦山さんのお弟子さんなのです。
 最後はアンコールとしてキルギスのチョップチョールと呼ばれるらしいオカリナのような土笛で伝統曲『羊飼いのために』。
 こんな音楽で1年の締めくくり。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、最強の大戸綾加さん。みなさま今年もありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

c0138893_19281743.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-12-29 19:28 | NEWZ

クリスマス特集

 今週もありますFM『ミゾミゾの音楽定食』は12月23日金曜日ですので、ほとんど頭を使わないでクリスマス特集にしました。
 先ずは、1960年代から70年代にかけて大活躍したシンガーズ・アンリミテッドというコーラスグループ(女声1人、男声3人)で、『ひいらぎの枝で飾れ』。今聞いても、斬新なアレンジと完璧なアンサンブルの心地良いこと。
 2曲目は、ヘンデル『メサイア』から『ハレルヤ』を、1993年宇都宮ジンガメルアカデミー&東京アルカデイア・シンフォニア(みぞちゃんバンド)、栗山文昭指揮という古い録音。これがなかなかうまいのです。
 そして、昭和2年(1927)『茶目子のクリスマス』(佐々紅華さっさ こうか作、井上起久子&二村定一歌)。この時代にサンタクロースが煙突から入ってくるんだからどんだけ豪邸なんだ。
 でも茶目子は、やはり平井英子ちゃんでしょう、ということでおなじみ『茶目子の一日』昭和4年。
 続くはジス・イズ・ミスター・トニー谷『サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)』。これを聞かなきゃクリスマスが来ない。ギャグに隠された映画『市民ケーン』(オーソン・ウエルズ)など、憎いね。
 それから、雪村いづみ『ブルー・クリスマス』、締めは、オスカー・ピーターソン『オー・クリスマス・トゥリー』。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今週も絶好調・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
 良いクリスマスと新年をお迎え下さい。
c0138893_22521974.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-12-21 22:52 | NEWZ

『この世界の片隅に』

 また金曜がやってまいります。世界中のFM『溝入敬三の音楽定食』ファンの皆様お待たせいたしました。今週は、『この世界の片隅に』にちなんだ曲を選んでみました。時代は昭和はじめから、戦中戦後間もなくまで。舞台は瀬戸内海の呉と広島市でしたが、この写真は、私が今日乗っていた高松から宇野へ向かう途中、フェリーから瀬戸の風景。
 先ずは、映画の中ではコトリンゴというグループ?が歌っていましたが、元祖フォーククルセダーズでの『悲しくってやりきれない』。サトウ・ハチロー作詞、加藤和彦作曲。そして戦時中の『隣組』作詞:岡本一平、作曲:飯田信夫を徳山連(たまき)で。この2曲は映画で使われていましたが、ここからは私の自由な選択で『めんこい子馬』。これもサトウ・ハチロー作詞なのです。作曲は仁木他喜雄(にき たきお)、歌は二葉あきこ、高橋祐子。
 敵国アメリカの戦時中の曲。戦地を積極的に慰問していたグレン・ミラー楽団で『ムーンライト・セレナーデ』、そして『ダニー・ボーイ』。グレン・ミラーは、1944年にイギリスからフランスへ慰問演奏に向かう途中で消息を絶ちました。『ダニー・ボーイ』のメロディには、様々な歌詞が付いていますが、戦争で死んだ息子を悲しむものが良く知られていますね。
 そして戦後は『リンゴの唄』。これもサトウ・ハチロー作詞です。作曲は万城目正。並木路子と霧島昇の歌。
 映画のパンフレットに掲載されている、こうの史代さんのインタヴューから引用させて頂きます。
「・・・連載当時の2007〜2009年に比べると今は、世の中が『風化しそうなものを語り継がねば』という気分よりも、むしろ新たな戦争に近づいている気がします。ともすれば戦争もやむなしと考えてしまう時、(このマンガが)想像をめぐらせるきっかけくらいにはなるかもしれないです。」
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今週も絶好調・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_22145995.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-12-07 22:15 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧