溝入敬三コントラバス劇場

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キルギスタンの音楽

 30日金曜夜はFM『溝入敬三の音楽定食』をどうぞ。9月20日岡山市民会館で開催された中央アジア視覚障害者支援チャリティーコンサート「ひかりのおくりもの」をテーマにお送りします。ゲストは、ステージでキルギスタンの歌手グルムさんと共演もした瀬尾あかねさん。彼女に、グルムさんのこと、竹内昌彦先生のこと、山本守監督の映画『見えないから見えたもの』のことなど話して頂きましょう。
 曲は、キルギスタンの伝統的音楽。広い草原を馬に乗って走り回りたくなります。そしてグルムさんの『草原の鍵』。TVの外国人ののど自慢大会で優勝したのですってね。
 またキルギスと同じく、竹内先生が盲学校を建て、盲人を手術によって直しているもう一つの国モンゴルの伝統的歌唱法オルティンドーなども掛けましょうね。そして最後は、瀬尾あかねの歌う『点字のラヴレター』。
 写真の帽子は、キルギスタンのもので、伝統的な刺繍が入っております。岡山市民会館のロビーで、販売していたボランティアの方々が、似合うと言ってくれました。柔らかいフェルト製で、とても気に入っているのですが、今被ると汗が出ます。早く寒くなって欲しい。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、いつも忙しげな大戸綾加さん。
c0138893_2012258.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-09-28 20:01 | NEWZ

村上春樹『1Q84』の音楽

 古本屋でとうとう村上春樹『1Q84』を買ってしまったら、1冊100円だもの、不覚にも面白くなってしまい、この忙しいのに小説の世界の住人と化していた昨日9月14日午後、気がつけば、いつの間にやら辺りが凄まじい騒音に包まれていた。小説の不条理な世界が現実を浸食して来たのである。我が家の真上、どんよりと曇った空を多くのヘリコプターが飛び回っているのであった。
 いやそうではなかった。ニュースによれば、近所の南永田団地で立てこもり事件真っ最中。パトカーも走り回る。全く人騒がせなアパート代未払いさん。おかげで、小説のクライマックスは、音響効果抜群、ユニバーサルスタジオさながら、大変盛り上がったのでありました。
 えーっそのような経緯で、明日16日金曜日のFMミゾテイは、村上春樹『1Q84』の音楽。ヤナーチェック『シンフォニエッタ』をカレル・アンチェル指揮、チェコフィルハーモニー管弦楽団、1961年録音。ソニー&シール "THE BEAT GOES ON"、シベリウス『ヴァイオリン協奏曲』などをお送りします。・・・村上春樹は好きじゃないんだけど・・・。お聞き下されば幸いでございます。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』はジャンルどころか音楽も超える不条理の世界。インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、仮想世界と現実世界の架け橋、大戸綾加さん。
c0138893_20373982.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-09-15 20:37 | NEWZ

スペイン音楽のお勉強

 古い友人なのですが、バルセロナのピアニスト、アントニ・ベシェスという人が居ます。近頃、仕事の関係で、彼とのメールのやりとりを頻繁にするようになったら、今更ながらスペインが面白いと思い始めました。ということで、今週のFMミゾテイはスペインのお勉強です。
 アントニ・ベシェスは、スペインの作曲家、フレデリク・モンポウ(1893-1987)のピアノソロを多く録音していますが、私は不勉強で、この作曲家のことを全然知らなかったのですよ。そこで、これはいかんと、色々と聞きあさるうちに気持ちよくはまってしまいました。歌曲も良いですね。
 歌曲集『夢のたたかい』から1曲目『あなたの上には花だけが』、そして1966年の『光るものを見よ』。マルタ・マテウ(ソプラノ)、ホルディ・マソ(ピアノ)。カタロニア語だったりするのでちょっと異国情緒もある。カタロニア(カタルーニャ)地方の北は、ピレネー山脈を隔ててフランス。
 次は、ヨーロッパ大陸の南端、狭いジブラルタル海峡の向うはモロッコという、アンダルシア地方。スペインといっても文化圏はかなり違うようです。アンダルシア出身のフラメンコギターの天才、パコ・デ・ルシア。残念ながら2014年、旅行先のメキシコで亡くなってしまいましたが、多くの録音を残してくれました。スペイン・クラシック音楽のカヴァーで、ファリャ『バレエ・三角帽子』より『隣人たちの踊り』、『バレエ・恋は魔術師』より『火祭りの踊り』。
 そして最後は、USAからだけれど、チック・コリア1970年代、フュージョンバンドの草分け、リターン・トゥー・フォーエヴァーによる大ヒット曲『スペイン』。
 遠い昔、旅行ガイドブックを買った、あこがれのスペイン。いつか行ってみたいものです。
 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、近頃、スタジオ内だけでなく、忙しく福山中を走り回る大戸綾加さん! 
c0138893_1224748.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-09-01 12:02 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧