溝入敬三コントラバス劇場

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヤドランカ〜ヴィソーツキイ

 今週の金曜日ミゾテイは、今月初め65歳でお亡くなりになったヤドランカ・ストヤコヴィッチさんから始めます。旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)の国民的歌手。92年には日本滞在中にボスニア紛争が起こり、帰国できず、それからは東京を中心に活動されました。2011年の震災以後はボスニアに戻って居られたそうです。
 先ずは、サラエボ・オリンピックの時に作った『あなたはどこに』、『ベイビー・ユニヴァース』。
 そしてドヴォルジャーク『わが母の教えたまいし歌』をカザルスのチェロで、バルトーク『6つのルーマニア舞曲』をヨーゼフ・シゲティのヴァイオリンで、それからドヴォルジャーク『スラブ舞曲第10番』をチェコフィル、ヴァーツラフ・ノイマンなんてちょっと民族色濃いクラシック音楽を聞いて頂いた後に、ソヴィエト時代、伝説の俳優・歌手ウラジーミル・ヴィソーツキの魂の歌です。『大地の歌』! 当時の弾圧の厳しさは想像もできませんが、そんな時代だったからこそ?彼のエネルギーは、超ど級です。

 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは何時も大人な大戸綾加さん。
c0138893_7373653.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-05-26 07:37 | NEWZ

バラ色の人生

 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは何時も冷静沈着な大戸綾加さん。
 さて今週は『バラ色の人生』と題しまして、伝説のシャンソン歌手・エディット・ピアフを中心にお聞き頂きます。『バラ色の人生』『街に歌が流れていた』『パダン・・・パダン』など。
 そして今週もスタジオに居残るのは、ラヴリー・あかね。映画『見えないから見えたもの』挿入歌『点字のラヴレター』(歌・せお あかね)を全コーラスお聞き頂きます。これは5月15日神辺文化会館小ホールにおけるリサイタルでも歌われます。
 バラの咲き誇るこの季節、皆様のお耳に美しい歌声が届きますように。
c0138893_1173610.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-05-05 11:07 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧