溝入敬三コントラバス劇場

カテゴリ:こんなことが( 9 )

児童文学家・皿海達哉

 6月27日、今週のFM レディオBINGO77.7MHz「溝入敬三の音楽定食」(毎週
c0138893_1981847.jpg
金曜日夜7時半)は、児童文学家・皿海達哉さんをお招きして、映画やそれにまつわる音楽の話をお聞きします。今年の春まで、ふくやま文学館館長を勤めていらっしゃいましたが、現在は自由な身となり、ご機嫌良く創作活動をなさっている様子。頭の中に引き出しをいっぱいお持ちなので、色んな話が出てくる出てくる。映画「2001年宇宙の旅」とヨハン・シュトラウスⅡ「美しく青きドナウ」。それから派生して「恐怖の報酬」のラストシーン。チャップリン「独裁者」とブラームス「ハンガリアン舞曲第5番」などなど・・・。
 なかなか聞くことのできない、作家自身による朗読、自作『ボクサー志願』にサイモンとガーファンクル「ボクサー」を重ねたりもします。
 備後地方にいらっしゃらない方は、サイマルラジオでお聞き下さい。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-25 19:08 | こんなことが

黒いオルフェを聞いてみよう

・・・とにかく今、ブラジルは熱いので、
今週のFM レディオBINGO77.7MHz「溝入敬三の音楽定食」(金曜日夜7時半)は、偉大な音楽映画『黒いオルフェ』特集にします。ただいま原稿作成中。あの主人公オルフェの役者が、サッカー選手だったのはご存知ですか? それを知っていて見ると、電車からおりて、飛んで来たサッカーボールを肩で受け、次に足でさばく所なんか、なるほどねとむふふです。
(備後地方以外の方は、サイマルラジオで聞くことができます。)
c0138893_19524512.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-15 19:53 | こんなことが

ハブテトルハブテトラン新聞記事

朝日新聞の熱心な記者・竹久さんが、合唱オペラ『ハブテトルハブテトラン』の記事を書いてくれました。本番は11月なのにすでに
c0138893_13364941.jpg
盛り上がってしまいます。19日は、出演者全員参加で、やっと完成した全曲の音出しをやります。(リーデンローズ大練習室)楽しみだなあ!
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-14 13:39 | こんなことが

コントラバス的人生

 私が選んだんだからしようがないけれど、コントラバスはレパートリーがなさ過ぎる。演奏したいと思う曲は、数曲? 楽譜棚には山の様な楽譜が積んであるというのに。うちには、おそらく世界中で最も大量のコントラバスに関する現代曲楽譜があると思う。若いときから低収入を続けて来ているというのに、どれだけこれらの楽譜につぎ込んで来たのだ!貧乏なわけだ。
 ・・・なんてえことを私は一生考えつづけているわけなのだ。これからも未来永劫ね。先は短いけれど。コントラバスってのはそんな人生。
c0138893_22374087.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-13 22:38 | こんなことが

困ったときはタンゴでも聞こう

 次のレディオBINGO 77.7MHz「溝入敬三の音楽定食」は明日6月13日金曜日、
テーマは『困った時にはタンゴでも聞こう』
 TV番組で困った時には、ラーメン特集をやれという。音楽番組に困ったならタンゴがある。大体オープニングはピアソラ作曲『タンゴの歴史』より「1960年代のカフェ」だし。出だしから行き詰まっているのである。毎週斬新な番組なんか作れないよ。
 定番の『エル・チョクロ』、ストラヴィンスキー『タンゴ』、兵士の物語の『三つのダンス〜タンゴ』などなど。極めつけは、<ラジオの時代>コーナーでのNHKラジオ歌謡より歌:岡本敦郎『リラの花咲く頃』昭和26年。これもタンゴなのです。やっぱ、タンゴは面白い。
c0138893_21165455.jpg

明日夜7時半お聞き逃しなく。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-12 21:16 | こんなことが

田中泯さんin福山

 田中泯さんを福山にお呼びすることができた。2014年5月28日(水)ふくやまリーデンローズ小ホール「田中泯講演会・農業と生命(いのち)」。
 しかしこの世界的な踊り手のことを知らない人も多いんだなあ。こんなに映画、TVに出ていても、ヴァラエティ番組で馬鹿をやっていないと知名度が上がらないのかもしれない。まあそんなことは本質とは何も関係ないからどうでもいいか。とにかく福山で知っている人がごくわずかだったのに、最終的には、満席になったのはどういうことなのだろう? 凄い人なんだ!とコンサートやラジオで触れまくったのが、多少は効果があったのかもしれないなあ。そして、聞き、見終わった人たちは、感激して帰って行った。次の日の、鞆の浦・太田家住宅でのライヴは、すでに満席で入場を断っていたというのに、講演会が面白かったからそちらに流れて行った人も多かった。
 耳さえすませば、本物は、分るってことだ。

 泯さんの講演会での名言を少しだけご紹介しよう。
「自然なんて軽々しく口にするな!」
「踊りの力を過信するんじゃない! 言葉で戦っている人に失礼だろう!」
c0138893_11391940.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-11 11:41 | こんなことが

レディオBINGO 溝入敬三の音楽定食

 今年2014年4月から福山のFM局レディオBINGO77.7MHzで、ラジオ版「溝入敬三の音楽定食」が始まった。毎週金曜日夜7時半から30分間。これは備後地方のみならず、サイマルラジオを通じて全国はもとより、世界中で聞くことができる。(エフエムふくやま レディオBINGOのホームページからどうぞ)
 毎週福山にいて生出演できれば良いのだけれど、

More
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-10 16:48 | こんなことが

【論語】

「師曰く、ドにも曰かせてみろ。ド曰く、へっへっへ、いわいて良いんですかい? ちょっっちょっと待て、それは結わくじゃ」
[PR]
by keizo-mizoiri | 2008-01-15 12:07 | こんなことが

ペンキ屋さん

 ここ十日間程は、毎日ペンキ屋さんをやっている。演奏の仕事が有る日でも、お天気が良いと、ああペンキ日和なのにもったいないと思ってしまうくらい。それというのも私の家は、四十年前のボロ家で、そろそろ外装内装ともにかなりガタがきてしまったので、やっと自分でやろうと重い腰を上げたわけだ。
 最初は、玄関の白い壁と、玄関の軒を支えている鉄の柱だけのつもりだったのに、あまりの完成度の美しさに我を忘れ感動してしまい、そうしたら、雨戸の桟が気になる、板壁の塗装が気になる、なるなるなるなる。お隣さんとの境の金網のフェンスが痛んでいるし、裏のトタンの軒のも気になる。風呂場の壁に、廊下の壁、もちろん天井も気になる気になる。
 どんどんきれいにしました。でもまだまだ気になって、中毒です。今日なんかは、裏庭に父が放りっぱなしにしていた、コンクリートの破片やら、古い瓦の破片、植木鉢の破片の山を、大きな穴を掘って埋めました。鍬とスコップを久し振りに持ち出しまして百姓仕事しました。
 だもんだから、背中はバリバリ、肩はガチガチ、腕はパンパン、勿論足もズキズキ。すっかり音楽のことを忘れてしまいました。快感です。
 でも、今日は久し振りに再開。エレキベースもコントラバスもしっかり練習。一月六日は、金澤秀明さん、石井彰さんとの2Bass & Pfで、千葉で初仕事。ツィゴイネルワイゼンと「怪盗キクノロと名探偵アキチくん」またやらなきゃ。実は、作曲も、編曲もたまっているんだ。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2007-12-30 22:13 | こんなことが



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧