溝入敬三コントラバス劇場

武満徹の映画音楽

今週のFM放送版「音楽定食」は、「武満徹の映画音楽」です。武満さんの映画音楽は、自分が発表する現代音楽の実験場としてのものと、趣味的なシャンソン、歌謡曲、既成の映画音楽からの影響路線の二通りがあるようです。

先ずは『古都』(1963年、川端康成原作、中村登監督、岩下志麻主演)より、現代音楽的な断片を繋げて。恐怖の川端康成かも?

そして『太平洋ひとりぼっち』(1962年、海洋冒険家堀江謙一原作、市川崑監督、石原裕次郎、浅丘ルリ子、音楽:芥川也寸志&武満徹)から。これは映画『南太平洋』、シャンソン『パリの屋根の下』、ジャズなんかの路線。

次は『素晴しい悪女』(1963年、石原慎太郎原作、恩地日出夫監督、団令子、久保明、内田裕也他)

なんてのを経まして「グリーン・デスティニー」(2000年、中国、台湾、香港、米国合作、タン・ドゥン作曲、オリジナルサウンドトラックより)をチェロ:ヨーヨー・マでCDシルクロード・ジャーニーより。

演奏会情報のバックは、同じくシルクロード・ジャーニーより『弥渡山歌』

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、主婦にも人気の大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
インターネットはこちらから ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html

c0138893_11171977.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-10-19 11:17 | NEWZ

クラウス・フーバー追悼

 2017年10月13日(金)19時30分からのFMミゾテイは、スイス人作曲家クラウス・フーバーさんの追悼です。彼は世界の平和を心より願っていた作曲家。フーバーさんは、10月2日訪問先、イタリアのペルージャで亡くなったとのこと。92歳でした。黙祷。

 彼が、日本ドイツ文化センターの招聘で来日したのは、1989年でした。一緒に過ごさせて頂いた緊張感のある、またあたたかな数日を懐かしく思い出します。
 彼の立ち会いのもと溝入敬三リサイタル「神秘の空間」を開催しました。『回転する歌』、『Gを思い出せ』(コントラバス協奏曲)の日本初演他を演奏。今でも繋がりのある方々、或は既にお亡くなりになった方々、多くの皆様のご協力無しには実現は不可能な大イベントでした。
 写真は、雑誌『今日の音楽』表紙、掲載されたフーバーや演奏会についての記事など。

 最初は、その時の録音から、『回転する歌』の冒頭部分を、追悼の意味も込めて放送しようと思います。ハインリッヒ・ベル「都市の埋没」(ケルンの街が数分間の連合軍の爆撃で廃墟になったことを書いている)と、中世の神秘主義者ヒルデカルト・フォン・ビンゲンの詩と彼女の旋律が同時進行します。 
 語り手(テオフィル・マイヤー・ヴォルフェンスベルク)、コントラバスsolo、合唱、アンサンブルが広い空間に散らばっています。1989年10月19日 横浜新都市ホール 田中良和、辻正行指揮。

 そして、前代未聞のコントラバス協奏曲『Gを思い出せ』。Gは、ゴルゴタの丘、十字架、ゴータマ仏陀などを指す。超絶の様々な奏法のエチュードの意図もある。これも当日の録音から冒頭の数分をお聞き頂きます。指揮、田中良和。

 次に、PPMで1960年代にベトナム戦争に反対する反戦歌として歌われた古いフォークソング。『悲惨な戦争』

 続いて、加川良作詞作曲『教訓1』。加川良さんも今年お亡くなりになりました。(1947年11月21日 ー2017年4月5日、69歳)
 「教訓I」の歌詞は大阪・梅田の地下街で手売りされていたガリ版刷りの文集を参考に作られたという。歌詞の内容は発表から40年以上を経て発生した福島第一原子力発電所事故(2011年)や集団的自衛権の行使問題(2014年)に対してもあてはまると加川は考えており、そのため「歌うたんびに新曲だと思えるんです」とも語っている。(ウイキペディアより抜粋)

 戦争を避けるのが政治家の最も大切な仕事なのに、戦争で儲けようとするものが多過ぎる。この国は酷い曲がり角に来ている。

 最後に、Autumn Leaves「秋の葉」を、マイルス、キャノンボール・アダレイ、ハンク・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、アート・ブレイキー 1958年をアルバムSomethin’Else より聞きながら演奏会情報。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、主婦にも人気の大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
インターネットはこちらから ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html

c0138893_16035021.jpg
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:1人

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-10-11 16:04 | NEWZ

ヨーヨー・マのアジアから

神秘の語法、作曲家クラウス・フーバーさんがお亡くなりになったとのこと。93歳といっても、すでに仙人だったから、マッターホルンかどこかのスイスの山頂で生き続けているかもしれません。黙祷。

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、主婦にも人気の大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
インターネットはこちらから ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html

10月6日金曜19:30~20:00は、『ヨーヨー・マのアジアから』でまいりましょう。CDシルクロード・ジャーニーでは、馬頭琴(マリンホール)も演奏していますヨーヨー・マ。

M1 これはチェロで中国伝承歌『蘭の花』

そしてイタリア・ルネッサンス時代の歌をアジア的編曲。
M2『道歩む人』

フィンランド民謡〜間宮芳生編曲 ピアノ:ジョエル・ファン 
M3 『家なきこじき』
(間宮芳生先生TVに出てましたね、お元気そうで何よりです。)

M4 ジョージ・ガーシュイン『3つのプレリュード』ハイフェッツ編曲→ヨーヨー・マ編曲 全3楽章

最後はヨーヨー・マとは関係ありませんが、カプースチン「8つの演奏会用練習曲」より『間奏曲』を聞きながら演奏会情報。
どうぞお楽しみに。

来週は、じっくり準備してクラウス・フーバー来日時のコントラバス協奏曲『Gを思い出せ』などを放送しようかと思っています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、オンステージ

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-10-04 10:56 | NEWZ

倉敷散策

大原美術館別館の前庭には、クリスト。じゃなくて資材だか植木だかをブルーシートで包んであるだけ。すぐそばに大きなロダンがあったりして。赤とんぼもいっぱい飛んでいる。久し振りの倉敷散策。
c0138893_12223102.jpg
c0138893_12232210.jpg
c0138893_12235626.jpg

[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-27 12:24 | NEWZ

ロシアンジャズ的クラシック音楽(ショスタコーヴィッチ〜カプスーチン)

2017.09.29(FRI)夜7時半よりのFM溝入敬三の音楽定食は、ロシアンジャズ的クラシック音楽です。カプースチィンの超絶CDがやっと海外から届いたもんだからこうなりました。

ショスタコーヴィチ<ジャズ組曲 第1番>1934年ですが、ジャズという言葉は、軽音楽、ダンスミュージックの意味で使われているようです。日本でもアメリカからの軽音楽はジャズと呼んでいた時期があったようですね。この組曲は、特に1曲目、クルト・ワイル『三文オペラ』(1928年)の影響大と思われる。

○ショスタコーヴィチ<ジャズ組曲 第1番>『ワルツ』『ポルカ』『フォックストロット』

「二人でお茶を」(ふたりでおちゃを、英語: Tea for Two)は、1925年のヒット・ソングですが、私など若いもん?にとっては、1950年公開のミュージカル映画『二人でお茶を(英語版)』のドリス・デイとゴードン・マックレー(英語版)デュエットで有名です。
以下、有名なエピソードらしいです。1927ショスタコーヴィチは指揮者のニコライ・マルコの自宅において、《二人でお茶を》の録音をマルコから聞かされ、即座に、「『あなたが1時間以内に記憶だけでこの曲を編曲することはできない』に100ルーブル賭けよう」と言われる。ショスタコーヴィチはその挑発に乗り、およそ45分でオーケストレーションを済ませて、賭けに勝った。しかもこれがロシア方面で大ヒットしたらしい。初演1928

○ショスタコーヴィチ『タヒチ・トロット』(二人でお茶を)

そして近頃めきめきと人気上昇中の、カプースチィン『8つの演奏会用エチュード』を1985年自作自演アルバムから。もう上手なのはようわかった、みたいな曲と演奏。しっかし凄い作曲家、演奏家です。
○カプースチィン『前奏曲』『夢』

カプースチンさん、コントラバス協奏曲を書いているんですよ。若いもんに任せておけば良いんだけど、ジジイもそのうち挑戦してみようと思っております。

最後は、ジャズとは関係ないですけれど、ソヴィエト連邦というかアルメニアの作曲家ハチャトゥリアンのバレエ組曲<ガイーヌ>より ボリショイ交響楽団、指揮:アレキサンドル・ラザレフ
○『バラの乙女の踊り』

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、南の島でも人気であろう大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
インターネットはこちらから ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html
c0138893_12184041.jpg


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-09-27 12:19 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧