溝入敬三コントラバス劇場

もりのせいかつ【森の生活】

 カリフォルニアの本屋で、ソローの『森の生活』を探したが、見当たらない。ソロー、ヘンリー・ディヴィットはどこにあるかと店員に尋ねたが、彼はその名前さえも知らないと言う。日本人の作家? 中国人か? などとたわけたことをぬかす。アメリカ人は本なんか読まなくて、文化程度が低いから、自分の国のこんなに有名な古典作家も知らないのだ。その時は、どうしても原題が思い出せなかったのもあって、結局探せなかった。なんてバカヤローの国なんだと頭にきた。
 家に帰っていろいろ調べてみたら、ソローはThoreauでありまして、私は日本語表記から、勝手にSollowみたいな綴りを考えて、発音していたから通じなかったのでした。LもRも試しましたが、始まりがSでは絶対に分かって貰えない。ちなみに原題は、皆様ご存じのようにもちろん『ウォールデン Walden』でございますね。
 次の日、また本屋に行って、Tの棚を自分で探して、違う店員のキャッシャーでそっと買って帰りました。いやーアメリカって、アメリカ語って、本当に奥が深いですね。
c0138893_163212.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2007-10-23 16:03 | 想い出
<< 忙しい時もある LPレコード密室鑑賞事件 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
全体
NEWZ
想い出
物語
演奏予定
音楽
こんなことが

未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧