溝入敬三コントラバス劇場

武満徹の映画音楽

今週のFM放送版「音楽定食」は、「武満徹の映画音楽」です。武満さんの映画音楽は、自分が発表する現代音楽の実験場としてのものと、趣味的なシャンソン、歌謡曲、既成の映画音楽からの影響路線の二通りがあるようです。

先ずは『古都』(1963年、川端康成原作、中村登監督、岩下志麻主演)より、現代音楽的な断片を繋げて。恐怖の川端康成かも?

そして『太平洋ひとりぼっち』(1962年、海洋冒険家堀江謙一原作、市川崑監督、石原裕次郎、浅丘ルリ子、音楽:芥川也寸志&武満徹)から。これは映画『南太平洋』、シャンソン『パリの屋根の下』、ジャズなんかの路線。

次は『素晴しい悪女』(1963年、石原慎太郎原作、恩地日出夫監督、団令子、久保明、内田裕也他)

なんてのを経まして「グリーン・デスティニー」(2000年、中国、台湾、香港、米国合作、タン・ドゥン作曲、オリジナルサウンドトラックより)をチェロ:ヨーヨー・マでCDシルクロード・ジャーニーより。

演奏会情報のバックは、同じくシルクロード・ジャーニーより『弥渡山歌』

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、主婦にも人気の大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
インターネットはこちらから ⇒ http://fm777.co.jp/pc/html/simulradio.html

c0138893_11171977.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-10-19 11:17 | NEWZ
<< 秋はセンチメンタル クラウス・フーバー追悼 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
全体
NEWZ
想い出
物語
演奏予定
音楽
こんなことが

未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧