溝入敬三コントラバス劇場

アントニ・ベセスとうとう初来日

2017.09.01FM アントニ・ベセスとうとう来日!

金曜夜7時半のミゾテイは、スペインのカタルーニャ地方バルセロナから、ピアノの巨匠、作曲家のアントニ・ベセスさんをスタジオにお迎えします。スペイン語の通訳として、藝大で私の後輩、Va奏者の久郷寿美子さんを、嫌がっているのを招致で引っ張って来ます。彼女は、とてもシャイなのですが、スペイン語圏コスタリカに2年いたことがあり、東京から岡山に引っ越して来たばかりなのです。岡山と福山は、在来線で40分くらい。新幹線なら10分くらいだけど。

さて今回は、ベセスさん持参、ご自分のCDを聞かせて頂きながら、スペインのこと、音楽のことなどをお話し頂こうと思います。しかし、羽田についてからの打ち合わせなので、まだ何も決められません。

1989年に、フィンランドのクフモ室内楽フェスティバルで初めてお会いしたから、シベリウス『悲しいワルツ』カラヤン指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団を用意したり、スペイン物としてグラナドス歌劇『ゴイエスカス』より間奏曲(カザルス演奏、カザルスもカタルーニャ地方だし)、グラナドス『スペイン舞曲第5番』 (セゴビア演奏)や、モンポウなんてのも持って行きますが、どのようなことになりますやら。楽しみなことです。

そしていよいよ

9月2日は、2つのレクチャー『バッハと鍵盤楽器もための音楽 様式と意図』『21世紀カタルーニャ音楽の2つの特徴』、と4人の生徒による公開レッスン。この通訳は、ピアニストの富永やよいさん。こちらはフランス語で。
9月3日、14時からリサイタル『バッハと地中海の光り』。バッハ、グラナドス、モンポウ、自作他。そして今回世界初演されるベセス『コントラ・ピアノ・バス』は、ピアノとバスが低音域でもつれ合い、響きとリズムのアラベスク。

レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントの大戸綾加さんは、素敵なおじさまスパニッシュにどのような反応を示すでしょうか? どうぞお楽しみに。
c0138893_10361841.jpeg
c0138893_10344436.jpeg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-08-30 10:38 | NEWZ
<< クロノスカルテット アントニ・ベセス初来日 in ... >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
全体
NEWZ
想い出
物語
演奏予定
音楽
こんなことが

未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧