溝入敬三コントラバス劇場

ヒマラヤ鉄道から

 お待たせいたしました。今週のミゾテイ2017.05.26FMは、『ヒマラヤ鉄道から』まいります。
 今は亡き小泉文夫(元東京藝術大学教授)団長の「’77シルクロード音楽調査団」は貴重な録音を沢山残しています。私の持っているカセットテープ『遥かなる詩』シルクロードより。
 ダージリン・ヒマラヤ鉄道とは、インドの東北部ダージリンを走る登山鉄道。最高点は標高 2143 m。イギリス植民地時代の紅茶運搬用。1999年世界遺産登録。音楽ではないけれど、蒸気機関車の音をお聞き頂きます。
 続いて、ダージリンの北、シャッキム地区のガントクという所の学校で歌ってくれたわらべ歌。ネパール語で『さあ凧を上げましょう』
 そして遊び歌『お腹がすいてるなら』
 器楽曲もあります。ヒマラヤから流れて来た水が大洪水になり、みんなは聖なるタンドン山に登って水が治まるのを神に祈ったときう伝説を歌っている。スットサン:擦弦楽器、1弦。トゥンブク(トゥグナ)撥弦楽器による『タンドン山』
 聴き鉄シリーズに戻りまして、シルベストレ・レブエルタス(1899-1940メキシコ)作曲家『おしゃべりのための音楽』より
『鉄道工事』
 トム・ウエイツのレイン・ドッグ “Downtown Train”、これも列車ものです。
「外では いつもの黄色い月が夜空に(ぽっかりと)穴を開けている 俺は窓をすり抜けて這い出ると 市街へと繰り出して行く 俺は 新品のダイム(10セント硬貨)みたいに 輝いている
今夜 お前と逢えるかい  ダウンタウンの列車の中で すべての 俺の夢たちは ただ雨のように 落ちて行く
全て ダウンタウン・トレインの上へと」
 最後は気軽にヨハン・シュトラウスⅡ世 ポルカ『観光列車』

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今日も元気な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_11200563.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-23 11:21 | NEWZ
<< シベリウス没後50年 鉄道音楽を聴きます「聴き鉄③」 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧