溝入敬三コントラバス劇場

鉄道音楽を聴きます「聴き鉄③」

今週のFMミゾテイ2017.05.19金曜日夜7時半は、まだまだやります『聴き鉄③』。鉄道ものって結構沢山あって面白いですね。

 1曲目は、映画『黒いオルフェ』の最初の方のシーンから。1959年、仏とブラジルの合作、マルセル・カミュ監督 ギリシャ神話オルフェの物語を元に ユリディスが電車から降りて姉の家へ向かうところ。電車の運転手はオルフェ。
 2曲目、エイトール・ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ第2番: 第4楽章の「カイピラの小さな汽車」という表題を持つトッカータということで、ブラジルから2曲。
 そして北米のスティーブ・ライヒで、“Different Trains”(異なった汽車)にまいります。演奏は、パット・メセニーとクロノスカルテット。スティーブ・ライヒの両親は幼少の頃に離婚したため、1939〜1942年の間、母の住むロサンゼルスと父の住むニューヨークを行き来したそうだ。そのことをテーマにした『アメリカ 大戦前」 “America-Before the war”
 ユダヤ系アメリカ人の彼が言う、もしも私がその頃、第2次大戦中のヨーロッパに住んでいたら違った汽車に乗っていただろう。ホロコーストへ向かう貨物列車。
 『ヨーロッパ 大戦中』“Europe-During the war”
 日本の懐かしい鉄道。リンゴをいっぱい積み込んだ列車。昭和31年 作詞:矢野亮(やのりょう)、作曲:林伊佐緒(はやしいさお)、歌:三橋美智也『りんご村から』
 最後に、線路から離れますが、ホルヘ・オライソンのギターソロでアストル・ピアソラ『天使のミロンガ』をどうぞ。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、機関車みたいに大きな車を運転している大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg
c0138893_12070562.jpg


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-17 12:09 | NEWZ
<< ヒマラヤ鉄道から ペギー葉山さん追悼番組 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧