溝入敬三コントラバス劇場

アパラチアの春

 早く放送しておかないと夏になりそうなので、2017年4月21日金曜夜7時半のミゾテイは、コープランド作曲『アパラチアの春』からまいります。今の季節を逃すと米国の作曲家コープランドやこの曲登場のチャンスがなさそうですから。これは室内バレエ作品だそうで、1944マーサ・グレアム主演、舞台セットは、日系アメリカ人の彫刻家イサム・ノグチだった。テーマは、1800年代ペンシルベニア州で開拓民が新しく家を建てた後の春のお祭り。私はこの曲は全く詳しくないので能書きは孫引きのみで申し訳ありません。とにかくズービン・メータ指揮ロサンゼルス交響楽団で「アパラチアの春」より2曲。
“Meno mosso”
“variations on a Shaker Hymn”
 次は、春とは関係ないのだけれど同じくメータ&ロスフィルの近代アメリカ音楽のCDからレナード・バーンスティン作曲、舞台劇『キャンディード』の序曲で派手に。
 そしてとても渋い方のアメリカ音楽、ビリー・ホリディのアルバムLady Sings the Bluesから “Some Other Spring"
 同じくLady Sings the Bluesよりタイトル曲 “Lady Sings the Blues”
 放送で使うのはCDですが、私はこのビリー・ホリディ『レディ・シングス・ザ・ブルーズ』LPを高校生の時に買いまして、えらい感動して『奇妙な果実』なんかバンドで学園祭に出演して後輩の低音の女の子に歌わせたりしたのでした。大のお気に入りなのです。
 そして最後はセロニアス・モンクのソロで “Everything Happens to Me”
c0138893_14400083.jpg
 少し春っぽく、北アメリカでまとめてみました。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、黄砂に煙る大戸綾加さん。


[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-04-19 14:41 | NEWZ
<< ローズマリー〜聴き鉄 春眠暁を覚えず >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど