溝入敬三コントラバス劇場

懐かしの映画音楽

 今週の金曜日2月24日FM音楽定食は、先週に引き続き困った時の懐かし特集で映画音楽の定番をひねりもなくお送りします。ジャズ・ギタリスト、ラリー・コリエルの早過ぎる死に驚いたばかりだというのに、鈴木清順監督の訃報にびっくりしました。先日、『オペレッタ狸御殿』のことに触れたばかり。『ツィゴイネルワイゼン』のホウズキの紅色、良かったなあ。合掌。
 さて今回は、定番中の定番『禁じられた遊び』ナルシソ・イエペスから始めます。ルネ・クレマン監督。第二次世界大戦中、パリから逃げる途中でナチスの機銃掃射により両親と愛犬を殺されてしまう子供。淡々と静かに進行する反戦映画。
 そして『オズの魔法使い』からジュディ・ガーランド16歳が歌う『虹の彼方に』。映画も良いけれど、本も良いんだよね。
 次はマリリン・モンローが妖艶な酒場の女を演じる『帰らざる河』。マリリンは歌もうまい。バックコーラスのノー・リターンのリフレインが耳に残りますが、「マリリン・モンロー ノータリーン」と歌っていたのは野坂昭如だったなあ。本当は彼、モンローが大好きだったくせに。写真は、『帰らざる河』が手元になかったので『ナイアガラ』のジャケットですが、この映画のマリリンはシリアスでとっても怖い。実は彼女、演技派だったんだよね。
 それから『太陽がいっぱい』。アラン・ドロン主演。音楽はもちろんニーノ・ロータ。美しくもぞっとするような映画でした。これもルネ・クレマン監督。リメイク、マット・デイモンの『リプリー』も良かった。
 本日のメインは、マーラー作曲、交響曲第5番、第4楽章『アダージエット』。ブルーノ・ワルター指揮、ニューヨーク・フィル。トーマス・マン原作『ヴェニスに死す』のルキノ・ヴィスコンティ監督による映画に使われた曲。美少年に恋する老作家の名前がグスタフだけれど、実はマーラーのファーストネームなんです。なかなか意味深。こんな調子でやります。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル大戸綾加さん。

 
c0138893_23215903.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-02-22 23:22 | NEWZ
<< デヴィッド・ボウイからイングラ... デン・リーチュン テレサ・テン >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧