溝入敬三コントラバス劇場

冬の旅

c0138893_11162946.jpg
 明日金曜2017.01.27夜7時半はFMミゾテイは『冬の旅』。先週に引き続き困難な愛の歌の数々。先週は、ご意見を反映させて、沢田研二『時の過ぎ行くままに』も追加、全コーラス放送しました。私も思わず「じゅりい〜!」と叫んでしまいました。
 さて今週はクラシックからまいりましょう。シューベルト『冬の旅』1827年、 詞W.ミュラーを、ミスター・バリトン歌手、フィッシャー・ディスカウ(1925-2012独)とスーパー伴奏ピアニスト、ジェラルド・ムーアPf。もちろん歌が良いが、ピアノに注目して聞くとこれまた大変面白い。
 『おやすみ』『風見の旗』 さようならされた恋人の住む町に、おやすみと言って旅立つ。元恋人宅の『風見の旗』も揺れている。うーん辛い。
 北山修作詞、加藤和彦作曲、フォーク・クルセダーズ『あの素晴しい愛をもう一度』 オリジナルでフルコーラス。もっと長生きして欲しかったなあ、加藤和彦さん。
 ボブ・ディラン “Everything is Broken”  備後弁ですと「なんもかんもめげてしもうた」。Broken何何と脈絡がないかのごとく切れたもの、壊れたものの名前が列挙され、それは彼女が去っていったかららしい。ノーベル賞だろうとなんだろうとやはり芸術点高い歌。
 この季節にはボウイ。昨年1月亡くなった、世界一クールな人類、デヴィッド・ボウイ(1947.01.08-2016.01.10)の傑作遺作アルバム『ブラックスター』より “Sue” 。「スー、仕事が見つかった これで家も買える 全て上手く行くよ」と歌うのに、スーは彼氏と去っていっちゃったらしい。ボウイの死の二日前、彼の誕生日の発売だったアルバム。自分の死までの演出を作っていたのでしょうね。
 最後は、チャイコフスキー(1840-1893)バレエ『くるみ割り人形』より『花のワルツ』。冬にはチャイコフスキーがよく似合う。トスカニーニ指揮、NBC交響楽団。2月11日演奏会版『音楽定食五百円也』(ふくやまリーデンローズ小ホール)はハープ・片岡詩乃さん出演だから、この曲でハープを聞いてもらうのもテーマの一つ。おかげさまで売れ行き好調!
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、世界のアイドル大戸綾加さん。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2017-01-26 11:14 | NEWZ
<< デン・リーチュン テレサ・テン 時の過ぎ行くままに >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧