溝入敬三コントラバス劇場

クリスマス特集

 今週もありますFM『ミゾミゾの音楽定食』は12月23日金曜日ですので、ほとんど頭を使わないでクリスマス特集にしました。
 先ずは、1960年代から70年代にかけて大活躍したシンガーズ・アンリミテッドというコーラスグループ(女声1人、男声3人)で、『ひいらぎの枝で飾れ』。今聞いても、斬新なアレンジと完璧なアンサンブルの心地良いこと。
 2曲目は、ヘンデル『メサイア』から『ハレルヤ』を、1993年宇都宮ジンガメルアカデミー&東京アルカデイア・シンフォニア(みぞちゃんバンド)、栗山文昭指揮という古い録音。これがなかなかうまいのです。
 そして、昭和2年(1927)『茶目子のクリスマス』(佐々紅華さっさ こうか作、井上起久子&二村定一歌)。この時代にサンタクロースが煙突から入ってくるんだからどんだけ豪邸なんだ。
 でも茶目子は、やはり平井英子ちゃんでしょう、ということでおなじみ『茶目子の一日』昭和4年。
 続くはジス・イズ・ミスター・トニー谷『サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)』。これを聞かなきゃクリスマスが来ない。ギャグに隠された映画『市民ケーン』(オーソン・ウエルズ)など、憎いね。
 それから、雪村いづみ『ブルー・クリスマス』、締めは、オスカー・ピーターソン『オー・クリスマス・トゥリー』。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今週も絶好調・大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
 良いクリスマスと新年をお迎え下さい。
c0138893_22521974.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-12-21 22:52 | NEWZ
<< 山本邦山 『この世界の片隅に』 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧