溝入敬三コントラバス劇場

永六輔、ザ・ピーナッツそして大橋巨泉

 7月22日金曜夜7時半からのミゾテイは生放送ですが、どうしてもやらなきゃと永六輔、ザ・ピーナッツ特集の原稿と録音物の準備をやっと終了。ところが先程、大橋巨泉さんも亡くなっていたとの情報が入りましたよ。この方は、コルトレーン以降のジャズは分らないとおっしゃる、今時珍しい古典ジャズ評論家だったが、政治や世の中に対しての発言は、同時代を見ていました。インド洋への自衛隊派遣に賛成した民主党に異議を唱え、民主党の参議院議員を止めているくらいですから。筋の通った方々が居なくなるのは悲しい。いつか巨泉特集で、マーサ三宅やビリー・ホリデー、はっぱふみふみなんかをやるかもしれません・・・。
 さて今回は、永六輔作詞、ザ・ピーナッツでNHKTVドラマ『若い季節』テーマ曲からまいりましょう。昭和36〜39年放送だそうです。クレイジーキャッツ、坂本九、黒柳徹子、渥美清なんかが出演していた。凄いね。4年前に澤田エミさんが、そしてこの5月伊藤ユミさんが75歳でとうとうお亡くなりになりました。人気投票1番らしい『恋のフーガ』や、エド・サリヴァンショーの録音など。また永六輔の代表作『上を向いて歩こう』を坂本九で全コーラス聞いて頂きましょう。私が、カリフォルニアでラジオから突然流れて来たこの曲に涙なんて、度々書いたり話したりしていますが、本当にアメリカでは今でも知られています。特に、辛いときはこれだね。
 永六輔さん、尺貫法禁止に反対していらっしゃいましたね。愚かな法律だ。尺でなきゃ家も建たないのに。現在も、舞台は尺貫法ですが、近頃、山台のサイズも知らないイベント制作会社のステージの人間が居て呆れます。
 悲報、訃報ばかりでテンション上がらない番組にならないよう気をつけなくちゃ。そういう時こそ、永さんみたいに明るくしなきゃいけないのにね。永さんの奥さんが亡くなった時、「奥さんが亡くなると、続いて旦那さんが、後を追うということがよくありますが」みたいな挨拶したのは故小沢昭一でしたっけ。そのくらい毒を盛って放送すべきでしょうが、修行が足りん。
 写真は、昭和の香りを出してみました。九ちゃんが、火薬に坐って吸う煙草、そこに蚊取り線香の煙が混じるところの古い畳部屋。おそらく爆発しても、髪がちりちりになって、顔が真っ黒になるだけでしょうね。昭和のギャグだから。
 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、とっても明るい大戸綾加さん!
c0138893_1391523.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-07-20 13:09 | NEWZ
<< 大滝詠一のデヴューアゲインから ばらのまちから〜フィンランド〜... >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧