溝入敬三コントラバス劇場

ばらのまちから〜フィンランド〜バルセロナ

 本日のFMミゾテイはフィンランドから始めるつもりだったのだけれど、7月1日に初演した『ばらのまちから』(福山市市制施行100周年記念曲)の録音が届いたので、先ずは少しだけお聞かせしましょう。録音はひどいけれど、良い演奏です。思わず、オヤジの目にも涙。
 さてそれから北欧フィンランド。首都ヘルシンキから北東に60キロ、ロシアとの国境に近い小さな町、クフモでの音楽祭の思い出。私は、1989年7月14日から2週間、クフモ室内楽フェスティバルに招待され演奏しました。森と湖に囲まれ、街中にも信号機が1つしかないところですが、この季節になると毎年5万人もの人々が音楽祭を聴きに訪れます。白夜が美しく、夜を徹しての音楽三昧。
 先ずは、シベリウス『カレリア組曲』よりマーチで雰囲気を出しましょう。実は、そこで偶然出会い、一緒に演奏もしたピアニスト、スペインはバルセロナのアントニ・ベセスさんから、つい最近メールが届きまして、話しはそちらへ流れます。彼は、バッハの解釈者としても有名ですが、なんといってもスペイン音楽のオーソリティ。そこで彼の数多いCDの中から、スペイン現代の作曲家、エスプラの『ソナタ・エスパニョーラ〜ショパンの思い出に』。
 そしてバルセロナといえば、私はサッカーのリーガ・エスパニョーラでメッシですが、芸術的に見ればピカソ、ガウディ、カザルス、フラメンコ・・・ということでカザルスの古いレコードから、グラナドス『スペイン舞曲第5番 アンダルーサ』。これはスペイン映画『エル・スール(南)』で使われていました。元はピアノ曲。ビクトル・エリーセ監督いいですよね、『ミツバチのささやき』も素晴らしい。実は私、その代表作と言われている二つしか見ていない。フランケンシュタインの映画が挿入されていたのは、これだっけ?
 そして定番の、ターレガ『アルハンブラの思い出』をギターの巨匠セゴビアで。
 番組の最後は、やはり映画『エル・スール』ではギターソロだったから、再び『アンダルーサ』をセゴビアで。
 しかしその、アントニ・ベシェスが、バルセロナから来日するって言うんだよね。福山に足を伸ばして演奏を聞かせて欲しいなあ。
 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントの大戸綾加さんもパエリア食べた気分になるかな?
c0138893_12281262.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-07-15 12:28 | NEWZ
<< 永六輔、ザ・ピーナッツそして大橋巨泉 脳外科病院へ行ったについての放送 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧