溝入敬三コントラバス劇場

浅草大特集

 今週の金曜日10日夜7時半からのミゾテイは『浅草』。現在は国際的にも大賑わいの浅草だが、昭和初期から浅草オペラ、花屋敷などなどで大変面白かったらしい。
 先ずは、ジャズ歌手、ボードビリアンの先駆け、二村定一『浅草行進曲』。そして彼の大ヒット曲『アラビヤの唄』。これは、私幼少の頃、東村の山頂の我が家で蓄音機とSPレコードで度々聞きました。小学生の頃は、えらい不思議な音楽が気になっていたけれど、だみ声の唄はあんまり好きではなかったんだ。今聞くと、こういう歌い方もあるなと思う。それから、あの『茶目子の一日』でおなじみの作詞作曲家、プロデューサーの佐々紅華(さっさこうか)による『お伽歌劇・浅草遊覧』は、高井ルビーと二村定一。日本オペラの原型ですね。それから一気に現代に来ますが上々颱風『メトロに乗って浅草へ』。締めはやっぱり笠置シズコ『東京ブギウギ』でウキウキ! あがた森魚の『電気ブラン』なんてのもあったんだけど時間が足りないのでまたいつか。
 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは何時もクールに見守る大戸綾加さん。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-06-08 19:52 | NEWZ
<< 酒と音楽の日々 大殺界? >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど