溝入敬三コントラバス劇場

ウエザーリポート

 2月12日金曜のミゾテイは、生番組ですが、お天気情報『ウエザー・リポート』を特集します。1971~1986年に活躍し、フュージョン(ジャズとポップスの融合)を、お子様定食だと言ってバカにしていた人達まで納得させたところのスーパー・バンドです。私、高校生の時、昼休みの弁当時間にこれを全校放送して大ひんしゅくをかったのを思い出します。音楽は、TPOをわきまえねばなりませぬ。
 このバンド、ジョー・ザヴィヌルKb. ウエイン・ショーターSax. ミロスラフ・ヴィトウスb & e-b という凄い方々が本気でやっていたのですから面白いに決まっている。数年後には、あの天才エレキベース奏者ジャコ・パストリアスが参加して世界中で大ヒット。私は1970年代始めの初来日を新宿厚生年金ホールで聞きました。ミロスラフ・ヴィトウスが、2メートル近くある大男で、バス椅子に座ったままコントラバスを片手で持ち上げ、エンドピンの長さを調節しておりましたね。ちびのジャパニーズじゃあベースは弾けないか?と落胆したのを覚えております。あの時の演奏は、いまいちのパーカッショニストが入っていて、どうも?だった記憶しかないけれど。
c0138893_949585.jpg
 ブルーの抽象絵画みたいなのが、デヴューアルバム、帽子のはジャコの入ったHeavy Weatherです。この二つを並べると、当初の現代音楽的からポップス路線に楽しくなって行くのが良く分ります。
 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。アシスタントの大戸綾加さんは、今回はどのようなリアクションをしてくれるのでしょうか?それも楽しみ。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-02-11 09:50 | NEWZ
<< トニー谷は天才だ! 2nd FM溝入敬三の音楽定食 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧