溝入敬三コントラバス劇場

さようならデヴィッド・ボウイ

 1月22日金曜日のミゾテイは、『さようならデヴィッド・ボウイ』です。ティーンエイジの頃に、ジャック・ケルアック『路上』に影響を受け音楽家を志した、なんていう話しを聞くと、勝手に友達のような気がしてしまう。そうそう、分るなあ、なんて。またチベット難民救済活動のソサエティに参加とくれば、やっぱりなあ、心の友よ!である。
 1曲目は、1978年米フィラデルフィアでのライヴアルバム『ステージ』から "HANG ON TO YOURSELF" "ZIGGY STARDUST" を続けて。これがロックだよ、ロックスターというもんだよ!って感じ。冒頭から大興奮。
 彼、ずうーっと星や、宇宙が好きだったのですね。映画『2001年宇宙の旅』にインスパイヤーされて作った『スペイス・オディティ』、架空のロックスターの名前が、ジギー・スターダスト、初出演の映画は、『地球に落ちて来た男』。(写真は、私が若い頃に、オーケストラの楽屋などで読んだ一応原書。1000 headword level だから私にも読めたのだけど、それでも英語で読んだんだぞという充実感があったなあ。)
 2曲目は、11月8日彼の誕生日に発売されたCD『ブラック・スター』から『ブラック・スター』。遺作が、黒い星ですものね。自分で葬式を出してから死んじゃった? やっぱり悲しいね。
 毎週金曜日19時30分から30分間はレディオBINGO『溝入敬三の音楽定食』FM 77.7MHz 。インターネットではレディオBINGOのホームページからサイマルラジオをクリックして頂ければ、世界中どこでも聞くことができます。
c0138893_23183173.jpg

[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2016-01-20 23:19 | NEWZ
<< 結婚式に出席 アイルランドの音楽 >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧