溝入敬三コントラバス劇場

児童文学家・皿海達哉

 6月27日、今週のFM レディオBINGO77.7MHz「溝入敬三の音楽定食」(毎週
c0138893_1981847.jpg
金曜日夜7時半)は、児童文学家・皿海達哉さんをお招きして、映画やそれにまつわる音楽の話をお聞きします。今年の春まで、ふくやま文学館館長を勤めていらっしゃいましたが、現在は自由な身となり、ご機嫌良く創作活動をなさっている様子。頭の中に引き出しをいっぱいお持ちなので、色んな話が出てくる出てくる。映画「2001年宇宙の旅」とヨハン・シュトラウスⅡ「美しく青きドナウ」。それから派生して「恐怖の報酬」のラストシーン。チャップリン「独裁者」とブラームス「ハンガリアン舞曲第5番」などなど・・・。
 なかなか聞くことのできない、作家自身による朗読、自作『ボクサー志願』にサイモンとガーファンクル「ボクサー」を重ねたりもします。
 備後地方にいらっしゃらない方は、サイマルラジオでお聞き下さい。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2014-06-25 19:08 | こんなことが
<< バタンコを買いました 黒いオルフェを聞いてみよう >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧