溝入敬三コントラバス劇場

暑い夜

 寝苦しいとこんなことがよくある。これからコンツェルトを弾こうとしているのに、今朝はクラウス・フーバー『Gを思い出せ』だったけれど、弓が折れている。指揮者は尾高忠さんだった。スタッフに頼んで楽器屋に借りに行ってもらっているのだけれどなかなか帰ってこないのでやきもきしている。そうこうするうちに次の日になっている。今日も同じ曲なのだけれど、今日はなぜかゲネプロをしてくれない。そしていざ本番着に着替えようとすると、蝶ネクタイが壊れていて結べない。いつもネクタイなんかして演奏したこともないのに、なんでこんな夢になるんだ。
 目を覚ますと、しっかり寝汗をかいていた。良くあるパターンだ。
[PR]
by Keizo-MIZOIRI | 2012-07-17 10:59 | 音楽
<< また夢を見た 老人力でしょうか >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧