溝入敬三コントラバス劇場

リーデンローズ=未来の記憶

2010年度ふくやまコミュニティ創成塾
地域における分か施設の役割
〜理想の公共ホールを考える〜
『リーデンローズ=未来の記憶』

日時 2010年9月4日(土)13:00〜14:30
会場 福山市女子短期大学 学生ホール
講師 溝入敬三(ふくやま芸術文化ホール館長)
参加無料 ファックス、e-mailでお申し込み下さい。
FAX 084-925-2513
e-mail shimin@fukuyama-jc.ac.jp

ふくやま芸術文化ホール・リーデンローズは、今年でかいかん6周年になるが、さてこれまで何をやって来たのか。そして現在の新しい取り組みについて。例えば『音楽定食』はどうして生まれたのか、邦楽器はどこへ行く、歌謡曲やポップスへのスタンス、クラシックだけが音楽ではない、鑑賞・育成・創造ってなんだ、などなどの多角的な話題を綴りながら公共ホールのあるべき姿を考えます。
[PR]
by keizo-mizoiri | 2010-08-31 10:32 | 演奏予定
<< 『山椒魚』東京初演 W.A. モーツアルト/『美し... >>



コントラバス、音楽、その周辺のことなど