溝入敬三コントラバス劇場

トム・ウエイツと遊ぼう

 今週のミゾテイは2017年6月23日金曜日夜7時半からです。テーマは『トム・ウエイツと遊ぼう』です。とても個性的で演劇的だから遊びどころが多くて使い勝手が大変よろしいです。
 先ずは、サブタイトル「若い象のために作曲」となっていますストラヴィンスキー『サーカスポルカ』から。ディズニー映画『ダンボ』公開の次の年に作曲ですから、ストラヴィンスキーは映画を見ていたなと私は推測します。
 そしてポルカなら、トム・ウエイツ「墓場のポルカ」
“Cemetery Polka” 歌詞はほとんど意味不明。アルバム、レイン・ドッグより。
 次はタンゴとまいりましょう。ホルヘ・オライソンの、「ピアソラ ギター」というアルバムから『コントラバヘアンド』。この名人ベーシスト、キッチョに捧げた曲をギターソロで。
 トム・ウエイツのタンゴは、トムの初主演映画『ダウン・バイ・ロー』(監督:ジム・ジャームッシュ)のサウンドトラックに提供されました“『彼らが傷つくまでのタンゴ』“Tango Till They’re Sore” 。歌詞の中に「タンゴ」ってでてくるけれど、どこがタンゴやねん。
 ピンク・フロイド「狂気」から『マネー』
「金 たんまり持って逃げるのさ もっと金になるいい仕事に付けばすべてOK 金 こいつは最高だぜ 現ナマは両手でしっかり握っておくのさ 新品の車 キャビア 一流ホテルでの白昼夢 フットボールのチームでも買ってやろうか 
金は平等に分けようぜ 俺の取り分には手をつけないでくれ」
 トム・ウエイツですと、やはりレイン・ドッグより『ダイヤモンド&ゴールド』。この人はかなり危なくて面白い。
 最後は、フェデリコ・モンポウ自身の演奏でモンポウ『歌と踊り』より1曲目。9月初めに初来日するスペイン、バルセロナのピアニスト・作曲家のアントニ・ベシェスの宣伝もかねて。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、明るく健康的な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_11200835.jpg


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-06-21 11:21 | NEWZ

原子力で明るい未来 こんな恐ろしい国で

『こんな恐ろしい日本、原子力で明るい未来』と題して2017/06.16.FMミゾテイやります。

 原子力に明るい未来の夢があると信じさせられていた時代のヒーロー「鉄腕アトム」のテーマ。作曲:高井達雄、作詞:谷川俊太郎。

 そしてピンクフロイド『原始心母』。ピンクフロイド 1970年発売 「Atom Heart Mother Named」という見出しで、原子力電池駆動の心臓ペースメーカーの植込み手術に成功した56歳の女性の記事があるのを見て「Atom Heart Mother」というタイトルが決定したという。

 ピンクフロイド “The Wall” (壁)1979年より『新鮮なものの中で』
「つまり君はショウでも観に行こうと思ったというわけだ いやにまごついているじゃないか 君が期待していたものとあまりに違うというのかい? 化けの皮をひっぺがせばいいのさ」

 ボブ・マリー『エクソダス』。むちゃくちゃな世の中で暮らす人々への魂の応援歌。

 最後は、孤高の作曲家、フェデリコ・モンポウ『歌と踊り』より4曲目を作曲家自身の演奏で。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、明るく元気な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。

c0138893_14572282.jpg


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-06-15 14:57 | NEWZ

鉄道の音楽・聴き鉄

 今週のミゾテイは『聴き鉄④』2017年6月9日金曜夜7時半。鉄道ものは様々なジャンルにありますね。
 
「ロコ・モーション」(原題The Loco-Motion)は、スチーブンソン親子が1814年頃に開発した蒸気機関車の名前。アメリカ合衆国のミュージシャン、リトル・エヴァ(英語版)が1962年にリリースしたシングル。作詞はジェリー・ゴフィン、作曲はキャロル・キングこの夫婦の家でベビーシッターをしていたのが、このリトル・エヴァ。ご夫婦が、彼女の子守唄かなんかを聞いて、才能に気づいたのでしょうね。懐かしのアイドル、ゴールデンハーフで。

『恋の汽車ポッポ」(Train of Love)は、1960年に発表。ポール・アンカが作詞・作曲、アルマ・コーガンで大ヒットした。
元アイドル歌手、一生現役、森山良子さんで。

『地下鉄』RAILROAD RHYTHMSは、ジャック・イベール(1890-1962) 「交響組曲パリ」の第1曲目。さすがの緊張感。

『夜が明けたら』 「浅川マキの世界」より。
♪夜が明けたら一番速い汽車に乗って

 そしてフレデリック・ショパン『英雄ポロネーズ』をホロヴィッツでかけます。中間部「ラソファミ」の繰り返しは<英雄を乗せた騎馬の蹄音>なんていわれているけれど、まあいずれにしろショパンが『英雄』なんてタイトルをつけたのじゃないから、意図とは違うかも知れないが、私には馬の駆ける音ではなく機関車に聞こえる。
 1814年スチーブンソン親子が蒸気機関車を公共の線路で走らせる。ロコモーション号など。1835年にはドイツでも走り始める。そしてパリでも。
 ショパンはパリで『英雄ポロネーズ』を1842年に作曲。ということで汽車を見たことも、ひょっとしたら乗ったこともあったに違いない。きっとこれは、当時モダンな汽車の音だと思うのです。

 最後は、オスカー・ピーターソン、レイ・ブラウン、エド・シグペンで『ナイト・トレイン』。

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今日も元気な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。

c0138893_10404653.jpg


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-06-08 10:41 | NEWZ

シベリウス没後50年

 2017.06.02FM生放送のミゾテイは『シベリウス没後50年』特集です。先日聴いたタンペレフィルハーモニーのシベリウスがとっても良かったので、たまにはこんな一見普通のクラシック鑑賞番組もありです。
 ジャン・シベリウス(1865〜1957フィンランド)10歳で作曲を始め60歳で終了。92歳で没。作曲を60歳でもう止めちゃったよ、って凄いですね。92歳までなにしてたのでしょう? 音楽に飽きたのかな? 時代の流れでは前衛や無調の時代でしょうが、そっちには興味がなかったからでしょうか。

「カレリア組曲」より第1曲『間奏曲』、第2曲『バラード』、第3曲『行進曲風に』をタウノ・ハンニカイネン指揮、シンフォニア・オブ・ロンドンでじっくりと。
 次は交響詩『フィンランディア』。ロシアによる言論の弾圧に反対する集会で演じる劇のための音楽。上演禁止となり、ベルサイユ条約まで正式の名前で呼ばれることもなかった。国の象徴ともいえる曲。カラヤン、フィルハーモニア管弦楽団。
 できるだけ全曲掛けて充実の30分番組です。
 最後は、スペインのカタロニア地方、バルセロナの作曲家、モンポウの『歌と踊り』より第2曲。シベリウスとは関係ないけれど、フィンランドのクフモ室内楽フェスティバルで会った縁で、この9月に初来日するピアニスト、アントニ・ベシェスの伏線です。写真の資料を横浜に置いて来てしまいました。今回は写真無しですがご容赦下さい。
 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今日も元気な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。



[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-06-01 20:49 | NEWZ

ヒマラヤ鉄道から

 お待たせいたしました。今週のミゾテイ2017.05.26FMは、『ヒマラヤ鉄道から』まいります。
 今は亡き小泉文夫(元東京藝術大学教授)団長の「’77シルクロード音楽調査団」は貴重な録音を沢山残しています。私の持っているカセットテープ『遥かなる詩』シルクロードより。
 ダージリン・ヒマラヤ鉄道とは、インドの東北部ダージリンを走る登山鉄道。最高点は標高 2143 m。イギリス植民地時代の紅茶運搬用。1999年世界遺産登録。音楽ではないけれど、蒸気機関車の音をお聞き頂きます。
 続いて、ダージリンの北、シャッキム地区のガントクという所の学校で歌ってくれたわらべ歌。ネパール語で『さあ凧を上げましょう』
 そして遊び歌『お腹がすいてるなら』
 器楽曲もあります。ヒマラヤから流れて来た水が大洪水になり、みんなは聖なるタンドン山に登って水が治まるのを神に祈ったときう伝説を歌っている。スットサン:擦弦楽器、1弦。トゥンブク(トゥグナ)撥弦楽器による『タンドン山』
 聴き鉄シリーズに戻りまして、シルベストレ・レブエルタス(1899-1940メキシコ)作曲家『おしゃべりのための音楽』より
『鉄道工事』
 トム・ウエイツのレイン・ドッグ “Downtown Train”、これも列車ものです。
「外では いつもの黄色い月が夜空に(ぽっかりと)穴を開けている 俺は窓をすり抜けて這い出ると 市街へと繰り出して行く 俺は 新品のダイム(10セント硬貨)みたいに 輝いている
今夜 お前と逢えるかい  ダウンタウンの列車の中で すべての 俺の夢たちは ただ雨のように 落ちて行く
全て ダウンタウン・トレインの上へと」
 最後は気軽にヨハン・シュトラウスⅡ世 ポルカ『観光列車』

 レディオBINGO FM77.7MHz 金曜19:30~20:00『溝入敬三の音楽定食』、インターネットでは、レディオBINGOホームページから「サイマルラジオ」をクリックして頂ければ世界中どこでも聞くことができます。アシスタントは、今日も元気な大戸綾加さん。どうぞお楽しみに。
c0138893_11200563.jpg


[PR]
# by Keizo-MIZOIRI | 2017-05-23 11:21 | NEWZ



コントラバス、音楽、その周辺のことなど
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧